カテゴリー:だから子どもが増えている

少子化は怖くない。だから子どもが増えている!

 小曽根寺内剣友会は大阪府豊中市で活動している。昭和47年に小曽根剣友会が、55年に寺内剣友会が設立され、平成16年に二つが統合されて「小曽根寺内剣友会」となった。全国選抜少年剣道錬成大会(水戸)で平成20年に優勝、全国道場少年大会(日本武道館)では平成27年2位、26年3位など、全国レベルの大会でつねに上位を争う強豪道場だが、この剣友会の特徴は、その会員数である。会員は約180名(平成23年4月時点)、この年度の例ではなんと43名もの会員が入会したのだ。

 指導責任者である井関大輔氏さんは、大学時代は剣道部に所属せず、水泳教室のインストラクターをしていた。そこで得られた経験をもとに、同剣友会においても子どもの導き方、団体の運営方法など、日々研究を続けている。少子化などによって多くの道場・剣友会では少年剣士が減少している中、多くの会員数を獲得している小曽根寺内剣友会の運営について、井関さんが語る。(※『剣道日本』2011年4月号~2013年3月号に連載した記事です)

井関大輔

井関大輔

小曽根寺内剣友会指導責任者。昭和47年生まれ、六段。小曽根剣友会にて剣道を始める。井関食品(株)営業部長。大阪府剣道連盟未来構想委員会員、少年部委員。大阪府剣道道場連盟常任理事。少年剣道を考える会事務局

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 準々決勝 林田(福井)コメ× 笹川(佐賀) 開始早々に林田がコテを決める。準々決勝から試合時間は1…
  2. 平成29年10月29日、日本武道館において第65回全日本学生剣道優勝大会が開催され、筑波大が優勝を果…
  3. 12月号の第2特集は「寺本将司の剣道をひもとく」。 勝利を求める意識、手の使い方、足の使い方、打突…
  4. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  5. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る