カテゴリー:だから子どもが増えている

少子化は怖くない。だから子どもが増えている!

 小曽根寺内剣友会は大阪府豊中市で活動している。昭和47年に小曽根剣友会が、55年に寺内剣友会が設立され、平成16年に二つが統合されて「小曽根寺内剣友会」となった。全国選抜少年剣道錬成大会(水戸)で平成20年に優勝、全国道場少年大会(日本武道館)では平成27年2位、26年3位など、全国レベルの大会でつねに上位を争う強豪道場だが、この剣友会の特徴は、その会員数である。会員は約180名(平成23年4月時点)、この年度の例ではなんと43名もの会員が入会したのだ。

 指導責任者である井関大輔氏さんは、大学時代は剣道部に所属せず、水泳教室のインストラクターをしていた。そこで得られた経験をもとに、同剣友会においても子どもの導き方、団体の運営方法など、日々研究を続けている。少子化などによって多くの道場・剣友会では少年剣士が減少している中、多くの会員数を獲得している小曽根寺内剣友会の運営について、井関さんが語る。(※『剣道日本』2011年4月号~2013年3月号に連載した記事です)

井関大輔

井関大輔

小曽根寺内剣友会指導責任者。昭和47年生まれ、六段。小曽根剣友会にて剣道を始める。井関食品(株)営業部長。大阪府剣道連盟未来構想委員会員、少年部委員。大阪府剣道道場連盟常任理事。少年剣道を考える会事務局

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 5月14日(日)、第63回関東学生選手権大会が開催され、国士舘大の宮本敬太(4年・水戸葵陵高出身)が…
  2. 剣道日本6月号(4/25発売)の付録DVDは、全国高校選抜剣道大会。 出場チームが増え付録DVDに…
  3. 男子決勝戦、中堅同士の戦いで島原の林田がコテを決める 九州学院が敗れる! 魁星旗争奪全国高校…
  4. 3月28日、全国高校選抜剣道大会の3回戦以降が行なわれ、男子は九州学院(熊本)が5連覇、女子は中村学…
  5. 第26回全国高等学校剣道選抜大会 ■期日 平成29年3月26日(日)~28日(火) ■ 会 場…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る