カテゴリー:防具の伝統、防具の将来

防具の伝統、防具の将来〜安全な剣道防具の見分け方〜

愛知県名古屋市で60年以上、剣道防具づくりに携わってきた森下捷三さん。防具づくり名人と言われた人たちに技を習う一方、機械やコンピューターにも強く新しい技術を導入して防具づくりを続けてきました。昨今市場に出回っている防具には、伝統的な防具づくりの基本からはずれた結果、ケガの危険性があったり、初心者が痛みを覚えて剣道をやめる原因になるものも少なくない、安くて軽く使いやすければそれでいいというわけではない、と森下さんは言います。

森下さんの話を聞きながら、安全な防具とは何か、本当にいい防具とは何かを考えていきます。(※『剣道日本』2014年12月号~2016年8月号に連載した『防具はあくまで防具である』を紹介した上で、続編として新たに加筆していきます)

森下捷三

森下捷三

共栄(株)代表取締役。昭和16年生まれ。愛知県名古屋市で防具づくりに携わり60年。全国剣道具職人会では発足当時から事務局長、さらに代表をつとめる。

  • 現状──基本からはずれた防具とは

     面、胴、小手、垂れ……竹刀を含めて剣道具と呼ぶ。現在はそれが正しい呼称とされているが、60年に渡って剣道具づくりに従事してきた森下捷三さんは、剣道具ではなくあくまで防具と呼びたい、と言う。  私はいつも言うのですが、…

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 5月14日(日)、第63回関東学生選手権大会が開催され、国士舘大の宮本敬太(4年・水戸葵陵高出身)が…
  2. 剣道日本6月号(4/25発売)の付録DVDは、全国高校選抜剣道大会。 出場チームが増え付録DVDに…
  3. 男子決勝戦、中堅同士の戦いで島原の林田がコテを決める 九州学院が敗れる! 魁星旗争奪全国高校…
  4. 3月28日、全国高校選抜剣道大会の3回戦以降が行なわれ、男子は九州学院(熊本)が5連覇、女子は中村学…
  5. 第26回全国高等学校剣道選抜大会 ■期日 平成29年3月26日(日)~28日(火) ■ 会 場…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る