カテゴリー:剣道のあゆみ

剣道のあゆみ〜日本刀の操法から竹刀剣道へ〜

 時代劇に出てくる○○流の剣豪と、今防具と竹刀で行なう剣道は、とても遠いものに思われるかも知れません。

 古流剣術の演武を目にすることはあっても、それは防具と竹刀をつけた現代剣道とはまるで違う動きに見えます。しかし、剣道は剣豪たちが刀で切り合っていた技術から発展してきたものであり、ある時代の剣術の姿をそのまま残しているのが古流剣術です。明治になって以降も昭和の初め頃まで、両者はもっと密接で、防具と竹刀で剣道をする人たちもまだ自分の流派を名乗っていました。今、流派は何ですかと聞かれても、答えを持たない剣士がほとんどでしょうがが、現代剣道にも古流剣術の流れは受け継がれているのです。

 何のために剣道をするのか、何を剣道に求めるのか。あなたが剣道をする意味を見つけるためにも、今、取り組もうとしている剣道はどんなふうに受け継がれ、発展してきたのか、そのルーツを知っておきましょう。

  • シリーズ「剣道のあゆみ」01日本刀の発生

     金属製の刀剣は、紀元前の遺跡からも発掘される。紀元前4世紀頃には何らかの戦闘が始まっていたと言われており、弥生時代(紀元前3世紀~紀元3世紀)後期には大陸から青銅器や鉄器が伝来し、その中に大刀(たち・太刀)もあった。と…

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 準々決勝 林田(福井)コメ× 笹川(佐賀) 開始早々に林田がコテを決める。準々決勝から試合時間は1…
  2. 平成29年10月29日、日本武道館において第65回全日本学生剣道優勝大会が開催され、筑波大が優勝を果…
  3. 12月号の第2特集は「寺本将司の剣道をひもとく」。 勝利を求める意識、手の使い方、足の使い方、打突…
  4. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  5. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る