左拳が中心から外れた技が古流にある。それは柳生新陰流の「極意の打ち」

2017-7-28

 現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突は、「正しい剣道」ではないとして戒められることが多いようです。しかし、江戸時代の武士の技をそのまま守っている柳生新陰流の中に、左拳が中心を外れた切り方をする技があります。そしてその技こそが「極意」なのです。

 ムック『柳生新陰流 歴史・思想・技・身体』の中で紹介している、三学円の太刀「斬釘截鉄」がその技です。同書では以下のように解説されています。

斬釘截鉄(ざんていせってつ)

 身体の中心をまっすぐ打たないで右膝通りの線を打ち(これを「斬釘の打ち」という)、右に壁をつくり相手の太刀が働かないおうにする珍しい太刀筋で、柳生新陰流の特徴の一つである。「斬釘の打ち」の低いものを「極意の打ち」といい、右膝通りの線を「極意の線」と呼んでいる。(中略)「右膝通り」に切るとは、右に壁をつくって相手の反撃を不能にするのである。もし、これを自分の中心軸に沿って切れば、相手は右小手を切ることが可能になる。

両者の攻防は横から見ると日本剣道形にもあるような返し技(当たり拍子に受ける、という受け方)ですが、

使太刀(勝つ側)の動きを正面から見ると、以下のような打ち方をしています。

この他にも「くねり打ち」と呼ばれる、左拳を中心からはずし右の腕の下に密着させるようにして打つ方法があります。これは多くの技において使われており、膝を「エマして」打つ、高度な技術の一つです。

くねり打ち(天狗抄「花車」)

 こうして見てくると、「左拳は常に正中線上に」という教えは現代剣道特有のもので、実際に敵と切り合った人たちの刀法、剣術とは別の哲学に基づくものといえるでしょう。武士たちが実践していた日本刀の操法を学びたいのであれば、古流剣術を学ぶ必要があります。技の一例を挙げましたが、『柳生新陰流 歴史・思想・技・身体』にはタイトル通り、剣の思想や身体についても気づかされる内容が豊富に詰まっています。

『柳生新陰流 歴史・思想・技・身体』の詳しい内容・購入はこちらへ

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 準々決勝 林田(福井)コメ× 笹川(佐賀) 開始早々に林田がコテを決める。準々決勝から試合時間は1…
  2. 平成29年10月29日、日本武道館において第65回全日本学生剣道優勝大会が開催され、筑波大が優勝を果…
  3. 12月号の第2特集は「寺本将司の剣道をひもとく」。 勝利を求める意識、手の使い方、足の使い方、打突…
  4. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  5. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る