第50回全日本女子学生選手権、上段の小川(日体大)が制す

小川(日体大)が上段からの豪快なメンで初優勝
50回目となる全日本女子学生選手権大会は7月2日(土)、日本武道館で開催された。各地区予選を勝ち抜いた90名が出場し、女子学生日本一をかけて戦った。

決勝は小川萌々香(日体大2年・筑紫台高校出身)と木宮凛々子(筑波大3年・島原高校出身)の対戦となった。準々決勝、準決勝と上段からの思い切りのいい技を二本ずつ決めて、またたく間に勝利を決めた小川。決勝では試合開始からの速攻とはいかなかったが、試合中盤、またも見事な片手メンを決める。経験豊富な木宮がその後反撃に転じるも及ばず、終了の笛がなった。

新潟・燕中学校の堀田監督の勧めで上段を取り、上段を教えてくれる金森靖二監督がいる福岡・筑紫台高校に進んだという小川。その上段からのメンを武器に2年生にして大学日本一のタイトルを手にした。
動画はこちら

決勝、小川の片手メンが決まる
決勝決まり_3794

優勝・小川萌々香
P1050027

動画
【優勝インタビュー】小川萌々香(日体大2年・筑紫台高校出身)
準決勝 小川(日体大)メメ- 杉村(早大3年)
準決勝 木宮(筑波大)メ- 井手(国士舘大2年)
準々決勝 小川(日体大) コメ- 田中(法大)
準々決勝 杉村(早大) メ- 新開(福岡大)
準々決勝 木宮(筑波大) ド- 平野(清和大)
4回戦 井出(国士舘大) メ- 大亀(明大)
3回戦 井出(国士舘大) メ- 小木(櫻大)

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  2. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
  3. 9月24日、長野市ホワイトリングで全日本女子剣道選手権大会が開催され、高橋(神奈川)が決勝で興梠(宮…
  4. 平成29年10月10日、第63回全日本東西対抗剣道大会が福岡市民体育館で開催された。5人制の女子の部…
  5. 平成29年9月5日、全国警察剣道選手権大会が開催された。結果は以下の通り。 男子 優勝・安藤…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る