【2016IH予選】静岡県予選

男子は代表戦のすえ浜名が2年ぶり4度目の優勝。女子は磐田西が榛原との接戦を制して16連覇

開催日 6月4日(土)〜5日(日)
会場 静岡県武道館

◇男子団体戦(参加校数87校)
優勝 浜名(2年ぶり4回目)
男子団体戦
2位 磐田東
3位 飛龍
4位 榛原

▽男子団体決勝
静岡男子表

【決勝】
○浜名 1代1 磐田東● 動画は剣道ナビ(ケイタイ・スマホ会員制有料サイト)で見られます

【準決勝】
○浜名 3-0 飛龍● 動画あり

【準々決勝】
○榛原 2-1 磐田西● 動画あり
【戦評】新人戦決勝と同じく浜名と磐田東の対戦。新人戦は磐田東が代表戦を制して優勝している。先鋒戦は互いに攻めきれず引き分け。試合が動いたのは次鋒戦だった。野瀬(磐田東)が開始早々にコテを決め、間をおかずさらにもう一本コテを奪って二本勝ち。中堅戦は引き分け。副将戦、長田(浜名)の攻めが激しく、やや上半身がのけ反った相手にツキを決めると、さらに攻勢を強めメンを奪って二本勝ち。大将戦は引き分けで代表戦にもつれ込んだ。楠(浜名)と川邨(磐田西)という大将同士の対戦は、10分以上の激しい攻防の末、楠が懇親のメンを決め、浜名が2年ぶり4度目の優勝を果たした。

◇女子団体戦(参加校数62校)
優勝 磐田西(16年連続23回目)
女子団体戦
2位 榛原
3位 浜松海の星
4位 日大三島

▽女子団体決勝
静岡女子表
【戦評】決勝は磐田西と榛原の対戦。先鋒戦、横山(榛原)が相手の攻めに対して下がりつつメンを決め一本勝ち。次鋒戦は引き分け。中堅戦、上段の鈴木(磐田西)が初太刀でコテを決め、さらにもう一本コテを奪い二本勝ち。流れを引き戻す。副将戦は引き分け。大将戦は板倉(磐田西)と杉本(榛原)の対戦。引き分けでも磐田西の勝利となるが、先手をとったのは杉本。相メンで打ち勝ち杉本が一本。後がなくなり攻める板倉。終了時間が迫るなか板倉が下がりドウを打つと、これが起死回生の一本に。大将戦は引き分けとなり、磐田西が総体県予選16連覇を成し遂げた。

◇男子個人戦(参加人数430名)
優勝 渡邉拓朗(東海大付属静岡翔洋3年)
2位 高橋歩夢(磐田西3年)
3位 伊原隆介(飛龍2年)
3位 雨宮颯馬(東海大付属静岡翔洋3年)
男子個人戦

◇女子個人戦(参加人数313名)
優勝 板倉萌乃(磐田西3年)
2位 松井夏鈴(浜名3年)
3位 石井真央(磐田西2年)
3位 望月悠名(磐田東3年)
女子個人戦

(報告・戦評=邑田聡一)

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  2. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
  3. 9月24日、長野市ホワイトリングで全日本女子剣道選手権大会が開催され、高橋(神奈川)が決勝で興梠(宮…
  4. 平成29年10月10日、第63回全日本東西対抗剣道大会が福岡市民体育館で開催された。5人制の女子の部…
  5. 平成29年9月5日、全国警察剣道選手権大会が開催された。結果は以下の通り。 男子 優勝・安藤…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る