【2016IH予選】福井県予選

男女とも敦賀が制す。男子は3年連続、女子は2年ぶりの本戦出場

開催日 6月3日(金)〜5日(日)
会場 福井県立武道館

◇男子団体戦(参加校数16校)
優勝 敦賀(3年連続17回目)
男子団体
2位 丸岡
3位 北陸
4位 福井

▽男子団体決勝リーグ
沖縄男子4校リーグ表
【戦評】男子団体戦は、実力が拮抗する中、敦賀高校の粘り強さと勝利への執念がインターハイへの切符をもぎ取った。決勝リーグ第1試合、敦賀高校は福井高校と対戦し、先鋒、次鋒、中堅が引き分ける緊迫した試合展開であったが、副将の森下が鋭い面を決め均衡を破った。大将馬渕も危なげない試合運びで引き分け、チームを勝利に導いた。第1試合の勢いのまま、敦賀高校が全勝で優勝を決めた。副将森下が予選トーナメント戦から決勝リーグを通してすべての試合に勝利し、大車輪の活躍であった。

◇女子団体戦(参加校数11校)
優勝 敦賀(2年ぶり6回目)
女子団体
2位 美方
3位 北陸
4位 福井

▽女子団体決勝リーグ
福井女子リーグ表
【戦評】女子団体戦では、敦賀高校が春季選手権と同様、貫禄ある試合を展開した。決勝リーグ第1試合、実力のある美方高校と対戦したが、次鋒堤腰、中堅小辻が勝利し、副将山川が引き分け勝負を決めた。その勢いのまま、2試合目以降も危なげない安定した試合運びで、大将までに勝負を決め、全勝で優勝を決めた。次鋒堤腰、副将山川の1年生コンビの活躍が光った。

◇男子個人戦(参加人数151名)
優勝 森下大海(敦賀3年)
2位 馬渕稜也(敦賀3年)
3位 乘京陸(啓新3年)
3位 加藤将太郎(敦賀気比3年)
男子個人

◇女子個人戦(参加人数108名)
優勝 鈴木里香子(敦賀3年)
2位 山﨑愛華(北陸3年)
3位 小辻朋未(敦賀2年)
3位 水谷祐美(福井3年)
女子個人

(報告・戦評=岩谷治彦)

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  2. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
  3. 9月24日、長野市ホワイトリングで全日本女子剣道選手権大会が開催され、高橋(神奈川)が決勝で興梠(宮…
  4. 平成29年10月10日、第63回全日本東西対抗剣道大会が福岡市民体育館で開催された。5人制の女子の部…
  5. 平成29年9月5日、全国警察剣道選手権大会が開催された。結果は以下の通り。 男子 優勝・安藤…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る