【2016IH予選】福井県予選

男女とも敦賀が制す。男子は3年連続、女子は2年ぶりの本戦出場

開催日 6月3日(金)〜5日(日)
会場 福井県立武道館

◇男子団体戦(参加校数16校)
優勝 敦賀(3年連続17回目)
男子団体
2位 丸岡
3位 北陸
4位 福井

▽男子団体決勝リーグ
沖縄男子4校リーグ表
【戦評】男子団体戦は、実力が拮抗する中、敦賀高校の粘り強さと勝利への執念がインターハイへの切符をもぎ取った。決勝リーグ第1試合、敦賀高校は福井高校と対戦し、先鋒、次鋒、中堅が引き分ける緊迫した試合展開であったが、副将の森下が鋭い面を決め均衡を破った。大将馬渕も危なげない試合運びで引き分け、チームを勝利に導いた。第1試合の勢いのまま、敦賀高校が全勝で優勝を決めた。副将森下が予選トーナメント戦から決勝リーグを通してすべての試合に勝利し、大車輪の活躍であった。

◇女子団体戦(参加校数11校)
優勝 敦賀(2年ぶり6回目)
女子団体
2位 美方
3位 北陸
4位 福井

▽女子団体決勝リーグ
福井女子リーグ表
【戦評】女子団体戦では、敦賀高校が春季選手権と同様、貫禄ある試合を展開した。決勝リーグ第1試合、実力のある美方高校と対戦したが、次鋒堤腰、中堅小辻が勝利し、副将山川が引き分け勝負を決めた。その勢いのまま、2試合目以降も危なげない安定した試合運びで、大将までに勝負を決め、全勝で優勝を決めた。次鋒堤腰、副将山川の1年生コンビの活躍が光った。

◇男子個人戦(参加人数151名)
優勝 森下大海(敦賀3年)
2位 馬渕稜也(敦賀3年)
3位 乘京陸(啓新3年)
3位 加藤将太郎(敦賀気比3年)
男子個人

◇女子個人戦(参加人数108名)
優勝 鈴木里香子(敦賀3年)
2位 山﨑愛華(北陸3年)
3位 小辻朋未(敦賀2年)
3位 水谷祐美(福井3年)
女子個人

(報告・戦評=岩谷治彦)

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 5月27日(土)~28日(日) 美里高校体育館 ◇男子団体(12校参加) 優勝 興南(2年…
  2. 6月2日(金)~3日(土) 鹿児島県総合体育センター体育館 ◇男子団体(44校参加) 優勝…
  3. 5月27日(土)~29日(月) KIRISHIMAツワブキ武道館 ◇男子団体(23校参加) …
  4. 6月3日(土)~5日(月) 別府総合体育館サブアリーナ ◇男子団体(28校参加) 優勝 明…
  5. 6月2日(金)~3日(土) 諸富文化体育館 ◇男子団体(30校参加) 優勝 龍谷(4年ぶり…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る