【2016IH予選】沖縄県予選

小禄が団体アベック優勝。男子は42年ぶりのインターハイ出場となる

開催日 個人戦 5月28日(土)  団体戦 5月29日(日)
会場 美里高校体育館

◇男子団体戦(参加校数12校)
優勝 小禄(42年ぶり3回目)
男子団体優勝
2位 前原
3位 興南
4位 豊見城

▽男子団体決勝リーグ
沖縄男子4校リーグ表
【戦評】男子団体戦は、豊見城、小禄、前原、興南の4校で決勝リーグが行なわれ、小禄が2勝、前原と興南が1勝1敗ずつとなり最終試合を迎えた。前原は豊見城に対し5−0で勝利。一方小禄対興南戦は、先鋒・中堅戦で興南、次鋒・副将戦で小禄が勝利し、勝者数・取得本数ともに同ポイントで迎えた大将戦、前日の個人戦覇者の大城(小禄)がコテの一本勝ちで勝利し、チームを42年ぶり3回目のインターハイ出場に導いた。

◇女子団体戦(参加校数11校)
優勝 小禄(2年連続4回目)
女子団体優勝
2位 興南
3位 那覇
4位 昭和薬科大附属

▽女子団体決勝リーグ
沖縄女子4校リーグ表
【戦評】女子団体戦は、小禄、那覇、昭和薬科大附属、興南の4校で決勝リーグが争われ、優勝決定戦は2勝同士で昨年同様小禄対興南の対決となった。今春の全国選抜大会ベスト16の小禄に対し、興南が雪辱を果たすかが注目された一戦。一進一退の攻防により、先鋒から大将まで全試合引き分け。代表戦は前日の個人戦決勝と同様、小禄は伊波、興南は宮城が選出される。緊迫した攻防の中、伊波のドウが決まり、小禄が2年連続の優勝を果たした。優勝した小禄は昨年のメンバーが残っており、インターハイでの活躍が期待される。

◇男子個人戦(参加人数67名)
優勝 大城弘也(小禄3年)
2位 仲本美龍(前原3年)
3位 伊波渉(小禄3年)
3位 西原地洋(興南2年)
男子個人入賞者
【戦評】男子個人戦は、準決勝で同門の伊波(小禄)を下した大城(小禄)と、2年生で唯一勝ち上がった西原(興南)を破った仲本(前原)との間で争われた。同じ長嶺中学校で全国出場した同級生対決は、大城がメンの一本勝ちで優勝を勝ち取った。

◇女子個人戦(参加人数52名)
優勝 宮城舞衣(興南2年)
2位 伊波杏々佳(小禄3年)
3位 仲村知紗(興南2年)
3位 與世田有花(小禄3年)
女子個人入賞者
【戦評】女子個人戦の準決勝2試合は同校対決となり、昨年覇者の與世田(小禄)を下した伊波(小禄)と、2年生対決で仲村(興南)を破った宮城(興南)が決勝進出を果たした。決勝戦は、一進一退の展開の中で宮城がメンを奪い、2年生ながら優勝の栄冠をつかんだ。

(報告・戦評=沖縄県高体連剣道専門部・佐久間眞之)

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  2. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
  3. 9月24日、長野市ホワイトリングで全日本女子剣道選手権大会が開催され、高橋(神奈川)が決勝で興梠(宮…
  4. 平成29年10月10日、第63回全日本東西対抗剣道大会が福岡市民体育館で開催された。5人制の女子の部…
  5. 平成29年9月5日、全国警察剣道選手権大会が開催された。結果は以下の通り。 男子 優勝・安藤…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る