【2016IH予選】広島県予選

男子は沼田、女子は広島翔洋がともに3年連続出場。女子決勝は代表戦で決着

開催日 団体戦 6月4日(土)〜5日(日)  個人戦 6月12日(日)
会場 びんご運動公園

◇男子団体戦(参加校数58校)
優勝 沼田(3年連続11回目)
男子優勝
2位 神辺旭
3位 盈進
3位 崇徳

▽男子団体決勝
山形男子表

◇女子団体戦(参加校数40校)
優勝 広島翔洋(3年連続13回目)
女子優勝
2位 広
3位 沼田
3位 盈進

▽女子団体決勝
広島女子表

◇男子個人戦(参加人数358名)
優勝 川本和則(広3年)
2位 浅原一宝(崇徳3年)
3位 亀永航洋(広島皆実3年)
3位 古谷祐貴(沼田3年)
男子個人

◇女子個人戦(参加人数225名)
優勝 藤原果歩(盈進2年)
2位 大松藍里(広島翔洋3年)
3位 井上紗瑛(神辺旭3年)
3位 濱美月(三次3年)
女子個人

(報告=広島城北高校・高橋剛史)

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 準々決勝 林田(福井)コメ× 笹川(佐賀) 開始早々に林田がコテを決める。準々決勝から試合時間は1…
  2. 平成29年10月29日、日本武道館において第65回全日本学生剣道優勝大会が開催され、筑波大が優勝を果…
  3. 12月号の第2特集は「寺本将司の剣道をひもとく」。 勝利を求める意識、手の使い方、足の使い方、打突…
  4. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  5. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る