【2016IH予選】山口県予選

18年ぶりに山口県鴻城に栄冠、女子は新南陽が7年ぶり7度目の優勝

開催日
個人戦 6月4日(土)
団体戦 6月5日(日)
会場 萩市民体育館

◇男子団体戦(参加校数30校)
優勝 山口県鴻城(18年ぶり3回目)
男子団体
2位 新南陽
3位 野田学園
3位 下松工業

▽男子団体決勝
山形男子表
【戦評】男子団体戦決勝は、山口県鴻城と新南陽の対戦。先鋒戦で寺崎選手(山口県鴻城)がメンで一本勝ちをすれば、次鋒戦で松林選手(新南陽)がコテで一本を取り返す展開となる。中堅戦で田中選手がコテを決めて新南陽がリードするが、副将戦で黒田選手(山口県鴻城)が岡野選手(新南陽)から二本勝ちして大将戦へ。最後は坂本選手(山口県鴻城)が藤田選手(新南陽)から出ゴテを決めた。過去に何度も決勝戦に進出しながらもあと一歩のところで涙をのんできた山口県鴻城。その悔しさをバネに、このたび18年ぶりに栄冠に輝いた。

◇女子団体戦(参加校数23校)
優勝 新南陽(7年ぶり7回目)
女子団体
2位 山口県鴻城
3位 宇部フロンティア大学付属香川
3位 岩国

▽女子団体決勝
山口女子表
【戦評】女子団体戦決勝も、男子と同じく新南陽と山口県鴻城の対戦。先鋒戦、次鋒戦を鳴井選手、朝田選手が取り、新南陽が早くも王手。中堅戦で鮎川選手(山口県鴻城)がコテを中心に半田選手(新南陽)を攻めるも一本に至らず引き分け。副将戦も稲田選手(山口県鴻城)が多彩に技をしかけるが、それ以上に髙橋選手(新南陽)のガードが堅くしのぎ切り、新南陽が全国大会への切符を手にした。勝敗は決したが、大将戦は両者大将らしい堂々たる試合であった。先の県新人大会、全国選抜県予選でも決勝戦で山口県鴻城に敗れている新南陽。過去2大会の雪辱を果たし、山口県鴻城の4連覇を阻んだ。

◇男子個人戦(参加人数87名)
優勝 西本陸(下松工業3年)
2位 寺崎聖司(山口県鴻城3年)
3位 藤井脩真(山口県鴻城3年)
3位 岡野達大(新南陽3年)
男子個人

◇女子個人戦(参加人数62名)
優勝 吉田の吉木倫子(山口県鴻城3年)
2位 稲田ひな子(山口県鴻城3年)
3位 伊藤花(新南陽3年)
3位 波多野愛奈(下関商業2年)
女子個人
(報告・戦評=山口県高体連剣道専門部広報・松本宣昭)

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 準々決勝 林田(福井)コメ× 笹川(佐賀) 開始早々に林田がコテを決める。準々決勝から試合時間は1…
  2. 平成29年10月29日、日本武道館において第65回全日本学生剣道優勝大会が開催され、筑波大が優勝を果…
  3. 12月号の第2特集は「寺本将司の剣道をひもとく」。 勝利を求める意識、手の使い方、足の使い方、打突…
  4. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  5. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る