【2016IH予選】徳島県予選

男子は阿南工業が2年連続、女子は常連の富岡東が31回目の本戦出場

開催日
個人戦:6月4日(土)
団体戦:6月5日(日)
会場
阿南市那賀川スポーツセンター

◇男子団体戦(参加校数20校)
優勝 阿南工業(2年連続13回目)1465513417412
2位 城北
3位 城ノ内
3位 富岡西

▽男子団体決勝
徳島男子表
【戦評】先鋒、次鋒引き分けの後、城北の鳴川選手がメンを決めた。副将が引き分けて城北リードで大将戦となる。息詰まる熱戦となったが阿南工業の大将湯浅が果敢に攻め込み相手を引き出して出小手を決め、そのまま一本勝ちで代表戦にもつれ込んだ。大将同士の一戦は延長戦となったが、最後は湯浅がメンを決め、逆転で阿南工業が13度目の優勝を勝ち取った。

◇女子団体戦(参加校数7校)

優勝 富岡東(3年連続31回目)1465513410800
2位 城北
3位 富岡西
3位 川島

▽女子団体決勝
徳島女子表
【戦評】1月の全国選抜大会予選と同じカードになった。富岡東と城北の一戦は、自力に勝る富岡東が終始攻めの剣道を単開始、一本リードで大黒柱の大将丸岡にまわした。城北も粘りを発揮してエースの太田につないだ。注目の大将戦は、開始早々丸岡の豪快なメンが決まり、そのまま一本勝ち。富岡東高校の31度目の優勝が決まった。

◇男子個人戦(参加人数172名)
優勝 鳴川了介(城北3年)
2位 竹森阿航(阿南工業3年)
3位 西條賢太(城北2年)
3位 美馬州一(城北3年)1465513424774

◇女子個人戦(参加人数67名)
優勝 長谷川瑞実(富岡西3年)
2位 田渕南帆(城北3年)
3位 山﨑舞(富岡東2年)
3位 丸岡由理奈(富岡東3年)1465513431555

(報告・戦評=玉田晋作)

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  2. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
  3. 9月24日、長野市ホワイトリングで全日本女子剣道選手権大会が開催され、高橋(神奈川)が決勝で興梠(宮…
  4. 平成29年10月10日、第63回全日本東西対抗剣道大会が福岡市民体育館で開催された。5人制の女子の部…
  5. 平成29年9月5日、全国警察剣道選手権大会が開催された。結果は以下の通り。 男子 優勝・安藤…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る