第55回西日本勤労者剣道大会

2016年6月12日(日)高知県民体育館
今年で55回目という長い歴史を持つ西日本勤労者剣道大会。大阪や福岡から実業団の強豪チームが多数参加、四国各県の警察チーム、教員チームなどと優勝争いを繰り広げる。試合は3人制で計372チームと多数の参加者を集める大会である。
計10コートで熱戦が繰り広げられ、各コート上位2チーム、計20チームが抽選によって決まる新たな組み合わせで決勝トーナメントを戦う。今大会は四国管区警察大会が直後にあったために香川県警、愛媛県警が不参加だったこともあり、ベスト4は実業団チームが占めた。

【決勝トーナメント2回戦】
PE(パナソニックエコソリューションズ)本社A(大阪)×藍A(徳島)
PE本社Aは先鋒山田、中堅髙と連勝し、準々決勝進出を決めた。大将戦は勝見と藍Aの二刀・山名との対戦となる。一本一本から勝見がコテを決めて勝利(写真)。
01_決ト2PE本社A×藍◎大勝見コテ_2808

【決勝トーナメント2回戦】九州電力B(福岡)×高知教員A
先鋒戦、中堅戦と引き分け、大将戦も一本ずつを取り合って引き分ける。大将同士の代表戦、西村(九州電力)は中澤(高知教員)に対し、見事な跳び込みメンを決めた(写真)。02_決ト2九電B×高知教員◎代西村メン_2826

【準々決勝】九州電力B×高知県警A
高知県警は先鋒中澤、中堅西村とも引き分けて、大将の西山に託す。対するは西村。昨年の全日本選手権出場者同士の対戦となる。前半、西村は西山の出るところにメンを先取(写真)、二本目、ともに打ちに出たところで旗は2─1と割れたが再び西村のメンが決まった。03_準々九電×高知県警◎大西村メン_2875

【準決勝】東レ滋賀A×九州電力B
先鋒戦引き分けのあと、東レ滋賀Aの中堅茂田はコテを先取すると、さらに荒木が小さく下がろうとするところに思い切りよく跳び込みメンを決めた(写真)。ともに昨年の全日本選手権に出場している三雲(東レ滋賀)×西村(九州電力)の大将戦は引き分け。準決東レA×九電B◎中茂田メン2_2945

【準決勝】PE本社C×東レ滋賀B
先鋒戦、中堅戦と引き分けが続き、大将戦は旗が一本ずつ上がるきわどい場面もあったが、ここも引き分けとなる。大将同士の代表戦、藤田がメンに出るところに磯口がメンを決める(写真)。準々決勝に続く代表戦を切り抜けたPE本社Cが決勝に進んだ。準決PE本社C×東レB◎代磯口メン_2982

【決勝】PE本社C×東レ滋賀A
先鋒戦、PE本社Cの小野が樫原の出ばなにコテを奪って先制、さらに小野は同じように出ゴテを決め(写真)、二本勝ちで大きくリードを奪う。中堅戦は引き分けとなり、大将戦で序盤にPE本社Cの磯口がひきメンを決めた瞬間に優勝が決まった。決勝◎先小野コテ2_3009

優勝・PE (パナソニックエコソリューションズ)本社C(大阪)
小野準平、日下達基、磯口仁詩IMG_0580

2位・東レ滋賀A(滋賀)
樫原圭亮、茂田大貴、三雲悠佑IMG_0517

3位・東レ滋賀B(滋賀)
福本航、嘉数卓、藤田浩輝IMG_0540

3位・九州電力B(福岡)
平井仁志、荒木研丞、西村龍太郎IMG_0555

※本大会の詳細は剣道日本2016年8月号(6月25日発売)に掲載しています。

 

 

 

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 7月25日、日本武道館で全国道場少年剣道大会が開催された。1日目は小学生の部(団体戦)が行なわれ、愛…
  2. 5月27日(土)~28日(日) 美里高校体育館 ◇男子団体(12校参加) 優勝 興南(2年…
  3. 6月2日(金)~3日(土) 鹿児島県総合体育センター体育館 ◇男子団体(44校参加) 優勝…
  4. 5月27日(土)~29日(月) KIRISHIMAツワブキ武道館 ◇男子団体(23校参加) …
  5. 6月3日(土)~5日(月) 別府総合体育館サブアリーナ ◇男子団体(28校参加) 優勝 明…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る