【2016IH予選】香川県予選

男子は尽誠学園が5年ぶり、女子は琴平が2年ぶりに本大会へ

開催日
6月4日~6月5日

会場
県立丸亀高等学校体育館

◇男子団体戦(参加校数28校)
優勝 尽誠学園(5年ぶり5回目)

H28香川男子団体
2位 高松桜井
3位 高松商業
3位 高松南

▽男子団体決勝
香川男子表

◇男子団体戦 戦評
準決勝は高松桜井-高松南は高松桜井が大将戦を制し、尽誠-高松商業は2-1の大将戦で尽誠が勝ち、決勝へのコマをすすめた。
5年ぶり5度目の優勝を狙う尽誠学園と、12年ぶり2度目の優勝を狙う高松桜井との決勝戦。
先鋒は尽誠の宮脇が高桜井の名越から延長戦で引きメンをもぎ取った。次鋒は尽誠の山本翔と高桜井の栗塚が、中堅では尽誠の山本航と高桜井の寒川が、副将では尽誠の濱田と高桜井の穴吹が、双方譲らぬ引き分け。
尽誠がリードする大将戦は、尽誠の山神と高桜井の根本の両者とも譲り合うことのない攻防の末、引き分け。尽誠学園に軍配が上がった。
かくして尽誠学園が5年ぶり5度目の優勝を果たし、インターハイ出場の権利を獲得した。
尽誠学園高校は伝統ある強豪校として、全国大会への出場や上位入賞の経験も多い。先鋒から大将まで堅実で堂々たる試合を展開する。
全国制覇を目指してインターハイに臨む。

◇女子団体戦(参加校数17校)
優勝 琴平(2年ぶり4回目)

H28香川女子団体

2位 高松商業
3位 英明
3位 高松

▽女子団体決勝
香川女子表

◇女子団体戦 戦評
準決勝の高松商業-高松は3-1で高松商業が、英明-琴平は代表戦で琴平が勝利した。
3年ぶり11度目の優勝を狙う高松商業と2年ぶり4度目の優勝を狙う琴平との決勝戦。
先鋒は琴平の福井が高商の氏部の虚をついた引きメンを取り一本勝。
次鋒は琴平の山神と高商の須藤が、中堅は琴平の福田小と高商の宮武が、副将は琴平の村岡と高商の美濃が、双方譲らぬ接戦の末、引き分け。
琴平が一本一勝差でリードする大将戦は試合開始直後、高商の田村が引きメンを取るが、その後、琴平の福田彩が猛追を仕掛け、引きドウを奪い返した。
両者の攻防は延長戦までもつれ、引き分け、試合終了。
かくして、琴平が2年ぶり4度目のインターハイへの出場権を獲得した。
この六年間で四度目のインターハイを経験する琴平高校は、チームとしての勢いがありながらも堅実な試合を展開するので、上位入賞も大いに期待できる。

◇男子個人戦(参加人数139名)
優勝 村上聖彦 琴平3年生)
2位 安西晟吾 高松南3年生)
3位 森勇統 高松商業3年生)
3位 宮脇柚紀 尽誠学園3年生)

H28香川男子個人

◇女子個人戦(参加人数103名)
優勝 福田彩夏 琴平(3年生)
2位 田村美咲 高松商業(3年生)
3位 山神光 琴平(2年生)
3位 出水優花 土庄(3年生)

H28香川女子個人

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  2. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
  3. 9月24日、長野市ホワイトリングで全日本女子剣道選手権大会が開催され、高橋(神奈川)が決勝で興梠(宮…
  4. 平成29年10月10日、第63回全日本東西対抗剣道大会が福岡市民体育館で開催された。5人制の女子の部…
  5. 平成29年9月5日、全国警察剣道選手権大会が開催された。結果は以下の通り。 男子 優勝・安藤…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る