【2016IH予選】奈良県予選

男女とも奈良大附属が独走。団体優勝、個人ベスト4までを独占

男女個人戦
6月4日
桜井市総合体育館

男女団体戦
6月12日
桜井市総合体育館

◇男子団体(参加校26校)
優勝 奈良大附属(6年連続35回目)
奈良男子団体
2位 郡山
3位 生駒
3位 天理

▽男子団体決勝
奈良男子表

◇男子団体戦 戦評
まさに完勝であった。
奈良大学附属の先鋒・豊田が2本勝ちを収めると、その後は終始危なげない試合展開で、次鋒・玉垣から、大将・青木まで全員時間内に1本勝ちをおさめ、インターハイ連続出場を決めた。奈良大学附属の他の追随を許さない強さが光る大会となった。

◇女子団体(参加校20校)
優勝 奈良大附属(5年連続16回目)

奈良女子団体

2位 郡山
3位 平城
3位 関西中央

▽女子団体決勝
奈良女子表

◇女子団体戦 戦評
奈良大学附属は、序盤戦こそ硬さが見られたが、次鋒・岡本、中堅・宝田の両名が躍動。
準決勝をこの2人の活躍で勝利すると、決勝戦も先鋒・山口にこの2人も続き、前衛3人で連続優勝を決めた。
近畿選抜大会優勝の勢いそのままに他を寄せつけない試合内容であった。

◇男子個人(参加者110名)
優勝 青木 高範 奈良大学附属(3年生)
2位 高山 裕貴 奈良大学附属(2年生)
3位 中島 拓紀 奈良大学附属(3年生)
4位 豊田 大海 奈良大学附属(3年生)

奈良男子個人

◇女子個人(参加者84名)
優勝 塚本 結衣 奈良大学附属(3年生)
2位 東畑 百香 奈良大学附属(3年生)
3位 山口 朔楽 奈良大学附属(3年生)
4位 宝田 裕花 奈良大学附属(2年生)

奈良女子個人

(報告・戦評=奈良県高体連剣道専門部・米澤道誠)

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 5月27日(土)~28日(日) 美里高校体育館 ◇男子団体(12校参加) 優勝 興南(2年…
  2. 6月2日(金)~3日(土) 鹿児島県総合体育センター体育館 ◇男子団体(44校参加) 優勝…
  3. 5月27日(土)~29日(月) KIRISHIMAツワブキ武道館 ◇男子団体(23校参加) …
  4. 6月3日(土)~5日(月) 別府総合体育館サブアリーナ ◇男子団体(28校参加) 優勝 明…
  5. 6月2日(金)~3日(土) 諸富文化体育館 ◇男子団体(30校参加) 優勝 龍谷(4年ぶり…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る