インターハイ女子団体予選リーグ。中村学園女子など決勝トーナメントへ

平成29年8月10日、第64回全国高等学校剣道大会は、女子予選リーグから幕が切って落とされた。
注目チーム、注目ブロックの結果を速報します。
なお、全結果は大会公式サイトでリアルタイムでご覧になれます。

【Bブロック】
本命中村学園女子(福岡)が登場。甲府商業(山梨)との初戦は先鋒椎井が引き分けたものの、次鋒から大将まで4連勝で危なげなく勝利。続いて地元小牛田農林(宮城)との対戦では先鋒椎井、次鋒大津、中堅秋山と3連勝、早くも決勝トーナメント進出を決めた。副将妹尾も勝ち4―0とした中村学園女子。連覇に向けての死角が見つからない万全のスタートを切った。

【Eブロック】
東海大菅生(東京)と興南(沖縄)の初戦は、先鋒から副将まで引き分けが続く緊迫した展開となるが、東海大菅生の大将坂田が延長でコテを決め、何とか勝利をあげる。初戦を落とした興南だが、続く草津東(滋賀)との試合では次鋒から大将まで勝利を続け4―0と大勝した。3試合目の東海大菅生と草津東の対戦、東海大菅生はまたもポイントをあげられない展開が続き、逆に草津東の次鋒大槻が相手の反則による一本で勝利。そのまま草津東のリードで迎えた大将戦、坂田も時間内には一本を奪えない。このまま終われば3チームが1勝1敗となり、2戦目で大勝した興南の勝ち抜けとなるという状況だったが、坂田が延長に入ってすぐコテを決め、この対戦を引き分けとして東海大菅生が薄氷の決勝トーナメント進出を決めた。上位進出も予想される東海大菅生は、坂田の勝負強さは光ったが、他の選手に元気がないのがやや気がかり。
東海大菅生×草津東、大将戦、坂田(東海大菅生)がコテを決める

【Kブロック】
中村学園を追うチームの東の筆頭といえる守谷(茨城)は、初戦の長野商業との試合を5―0で制す好発進。2試合目で長野商業を3―0で破った三養基(佐賀)との決戦を迎える。守谷が先鋒野川の一本勝ちでリード、次鋒、中堅と引き分けたあと、三養基の副将中村(萌)がメンに跳び込んで一本勝ちを収め、同点同本数で大将戦を迎える。ここで守谷の柿元は立ち上がり、白水の出ばなにコテを決める。そのまま一本勝ちとなり、接戦の末、守谷が決勝トーナメントにコマを進めた。

【Fブロック】
昨年個人戦の優勝、2位を独占した東奥義塾(青森)は今年は1年生の杉本が大将をつとめるチーム。初戦の羽咋(石川)との対戦は次鋒中野がやぶれてリードされるが、中堅宮腰、副将菊川の勝利で2―1で勝利を収めた。2試合目は強豪帝京第五(愛媛)との対戦。次鋒中野が勝利を収めるが、副将菊川が坪井にドウを奪われ、同点同本数で大将戦を迎える。大将戦は延長に入るが、その初太刀で帝京第五の安田が鮮やかな出ゴテを奪い、帝京第五が逆転勝利を収めた。第3試合で帝京第五は羽咋に5―0と完勝を収め、帝京第五が決勝トーナメントに進んだ。

帝京第五×東奥義塾、大将戦、安田がコテを決める

【Dブロック】
島原(長崎)、桐蔭学園(神奈川)という優勝にからむ力を持つ東西の強豪が同居したブロック。初戦で両者が対決した。先行したのは桐蔭学園。先鋒、次鋒引き分けのあと、中堅榎本が跳び込みメンを決めリードする。しかし、続く副将戦では島原の大園がメンを奪い、すかさず同点とし、そのまま大将戦となった。大将戦では島原の東がメンに跳び込んでリード。桜井の反撃も及ばず、そのまま島原が勝利を決めた。持てる力に差は感じられなかったが、島原が勝負強さで一枚上回った印象だった。ともに2試合目は盛岡白百合(岩手)を下し、島原の決勝トーナメント進出となった。

大将戦、東(島原)がメンを決める

◇その他の決勝トーナメント進出校
【Aブロック】麗澤瑞浪(岐阜)、【Cブロック】和歌山東(和歌山)、【Gブロック】矢板中央(栃木)、【Hブロック】高千穂(宮崎)、【Iブロック】磐田西(静岡)、【Jブロック】錦江湾(鹿児島)、【Lブロック】富岡東(徳島)、【Mブロック】関西学院(兵庫)、【Nブロック】安房(千葉)、【Oブロック】健大高崎、【Pブロック】新潟商業

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  2. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
  3. 9月24日、長野市ホワイトリングで全日本女子剣道選手権大会が開催され、高橋(神奈川)が決勝で興梠(宮…
  4. 平成29年10月10日、第63回全日本東西対抗剣道大会が福岡市民体育館で開催された。5人制の女子の部…
  5. 平成29年9月5日、全国警察剣道選手権大会が開催された。結果は以下の通り。 男子 優勝・安藤…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る