【2016IH予選】福岡県予選

男子は福大大濠が2年ぶり、女子は中村学園女子が5年連続でインターハイへ

日時・会場
男女個人戦 5月28日(土) 福岡市九電記念体育館
男女団体戦 5月29日(日) 福岡市九電記念体育館

◇男子団体戦(112校出場)
優勝 福大大濠(2年ぶり15回目)

 

福岡男子団体
2位 東福岡
3位 折尾愛真
3位 筑紫台

▼準々決勝
○福岡大学附属大濠 3-0 福翔●
○折尾愛真 2-1 福岡舞鶴●
○筑紫台 4-0 新宮●
○東福岡 3-2 福岡第一●

▼準決勝
○福岡大学附属大濠 2-1 折尾愛真●
○東福岡 3-1 筑紫台●

▼決勝
福岡男子表

◇女子団体戦(84校出場)
優勝 中村学園女子(5年連続9回目)

福岡女子団体
2位 筑紫台
3位 福翔
3位 福岡第一

▼準々決勝
○筑紫台 2-0 北九州市立●
○福岡第一 2-0 福岡舞鶴●
○福翔 2-1 八幡南●
○中村学園女子 2-1 八女学院●

▼準決勝
○筑紫台 2-0 福岡第一●
○中村学園女子 3-0 福翔●

▼決勝
福岡女子表

◇男子個人戦(458名出場)
優勝 水野 義仁(筑紫台3年)
2位 野中 皓文(福大大濠3年)
3位 中山 翔太(折尾愛真2年)
4位 藤田 悠人(東福岡3年)

福岡男子個人

◇女子個人戦(355名出場)
優勝 小川 梨々香(筑紫台2年)
2位 村田 桃子(中村学園女子3年)
3位 末次 詩織(小倉3年)
4位 梅月 のどか(西日本短大附属3年)

福岡女子個人

▽戦評
男子団体戦決勝は、福大大濠と東福岡との対戦。先鋒戦は延長で福大大濠板井が延長でコテを決め、先制。次鋒戦を分け、中堅戦。追いつきたい東福岡は平野が果敢に攻め、相手の起こりにメンを決める。互角の戦いで、副将戦。互いに譲らず、延長となり、福大大濠野中がメンを奪い、リードする。大将戦、後がない東福岡は、藤田(啓)が怒涛の攻撃を展開、延長へ。福大大濠大西も最後まで応戦し、時間となり、福大大濠が2年ぶりに優勝を飾った。
女子団体戦決勝は、中村学園と筑紫台との対戦。先鋒、次鋒とも譲らず引き分け、中堅戦へ。延長で中村学園中野が工藤の一瞬の隙をついてコテを決める。副将戦、大将戦も互角の戦いで引き分け、中村学園女子が5年連続の優勝を果たした。
男子個人戦は、筑紫台水野と福大大濠野中との決勝戦。互いに好調で、捨身の技を繰り出す。中盤に入り、水野のコテが決まり、優勝を決めた。
女子個人戦は、中村学園女子の村田と筑紫台の小川との決勝戦。制限時間の4分で決着がつかず、延長にもつれる熱戦となったが、最後は筑紫台小川が見事なメンを決め、優勝を飾った。

(報告・戦評=福岡県立糸島高等学校 福岡県高体連剣道専門部・德安拓三)

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  2. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
  3. 9月24日、長野市ホワイトリングで全日本女子剣道選手権大会が開催され、高橋(神奈川)が決勝で興梠(宮…
  4. 平成29年10月10日、第63回全日本東西対抗剣道大会が福岡市民体育館で開催された。5人制の女子の部…
  5. 平成29年9月5日、全国警察剣道選手権大会が開催された。結果は以下の通り。 男子 優勝・安藤…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る