全国高校選抜、女子1~2回戦トピックス

2017年3月27日、全国高校選抜剣道大会の1~2回戦が行なわれ、最終日に行なわれる3回戦の組み合わせは以下の通りとなった。

【女子ベスト16 3回戦組み合わせ】
作新学院(栃木)×阿蘇中央(熊本)
中村学園女子(福岡)×桐蔭学園(神奈川)
磐田西(静岡)×関西学院(兵庫)
東海大菅生(東京)×中京(岐阜)
須磨学園(兵庫)×本庄第一(埼玉)
久御山(京都)×市立沼田(広島)
麗澤瑞浪(岐阜)×済美(愛媛)
興譲館(岡山)×筑紫台(福岡)

【1~2回戦トピックス】
昨夏のインターハイ女王である中村学園女子(福岡)は1回戦で帝京第五(愛媛)に苦戦。先鋒から中堅まで引き分けが続き、副将戦で妹尾がようやくコテを奪う。この虎の子の一本を大将山﨑が引き分けで守り、何とか初戦を突破した。2回戦は米子松蔭(鳥取)に対し、先鋒からの4連勝と力の差を見せ、3回戦に進んだ。
福岡県内のライバルである筑紫台は、和歌山工業に2―0で勝利、富岡東(徳島)には先鋒戦の勝利でリードするも、次鋒、中堅が引き分け、副将戦で追いつかれるという展開だったが、大将小川がコテを決めてこの試合をものにした。接戦の連続ながら3回戦進出を決める。
福岡同様に2校が3回戦に残ったのは兵庫。とくに関西学院の健闘が光った。1回戦で日吉ヶ丘に2―0で勝利。昨年の本大会覇者である東奥義塾(青森)との2回戦は5試合とも引き分けで代表戦となる。ここで中堅の大西が代表戦に出場、相手の大将菊川に対し臆せず攻め、メンを奪った。昨年はインターハイ個人で1、2位を締めた東奥義塾だが、主力が抜けた今年はまだまだこれからのチームという印象。
年々着々と力をつけている印象の須磨学園は、東海大札幌に3―0、興南(沖縄)には中堅、副将の勝利で2―0と、相手に主導権を一度も渡さずにベスト16入りを決めた。
興譲館(岡山)は1回戦で鹿児島女子に1―0で辛勝すると、2回戦で守谷(茨城)を下した。先鋒石田が先行されながら追いつき引き分けとすると、次鋒山本が勝利。中堅戦引き分けのあと副将橋本が二本勝ちを収め、ここで勝負を決めた。
今年初めに谷垣前監督が退職した麗澤瑞浪(岐阜)は、大社(島根)に4―0と快勝、2回戦は次鋒門川、大将外山の勝利で大分鶴崎を下した。
初出場ながら3回戦にコマを進めたのが作新学院(栃木)。1回戦で土浦湖北(茨城)に代表戦で中川が勝利。2回戦は2(2)―1(1)の僅差で高松商業(香川)を下した。
阿蘇中央(熊本)は1回戦が高知に1―0、2回戦が高千穂(宮崎)に代表戦での勝利と、接戦の中を勝ち進んだ。本庄第一(埼玉)は2回戦で八代白百合に対し、中堅佐藤(光)、副将佐藤(未)が連勝、2―0で勝利した。東海大菅生(東京)、済美(愛媛)、磐田西(静岡)などはチーム力が充実し、最終日が楽しみな内容での勝利。久御山(京都)、市立沼田(広島)、桐蔭学園(神奈川)、中京(岐阜)も接戦の中、勝負強さを発揮して勝ち上がった。

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  2. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
  3. 9月24日、長野市ホワイトリングで全日本女子剣道選手権大会が開催され、高橋(神奈川)が決勝で興梠(宮…
  4. 平成29年10月10日、第63回全日本東西対抗剣道大会が福岡市民体育館で開催された。5人制の女子の部…
  5. 平成29年9月5日、全国警察剣道選手権大会が開催された。結果は以下の通り。 男子 優勝・安藤…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る