【2017IH予選】佐賀県予選結果

6月2日(金)~3日(土)
諸富文化体育館

◇男子団体(30校参加)
優勝 龍谷(4年ぶり21回目)
2位 敬徳
3位 伊万里
4位 佐賀学園

【決勝リーグ】

【戦評】男子龍谷高校四年ぶり二十一度目の頂点
男子団体決勝リーグに進んだ龍谷は1、2試合ともに圧勝し、最終試合に臨んだ。敬徳と2勝同士の対戦。先鋒が敗退し、敬徳が主導権を握るかと思われたが、次鋒の香田が気迫あふれる試合運びで二本勝ちし、流れを引き寄せた。大将戦となり、中山が延長戦終了間際にメンを決め、接戦を制して優勝を決めた。

◇女子団体(23校参加)
優勝 三養基(2年ぶり10回目)
2位 白石
3位 龍谷
4位 佐賀商業

【決勝リーグ】

【戦評】女子三養基高校二年ぶり十度目の頂点
女子団体決勝リーグは、最終戦の大将戦まで勝負がわからない三つどもえの戦いとなり、激戦を制したのは三養基だった。三養基は初戦を接戦の末勝利し、勢いにのった。白石と龍谷が1勝1敗で並び、最終戦の龍谷との対戦が終わるまでは順位が決まらない状態であった。先鋒、次鋒が敗れ厳しい状況になったが、中堅内村、副将中村が勝利し、大将白水に繋げた。練習を続けてきたメン返しドウを決め接戦を制した。

◇男子個人(74名参加)
優勝 谷口祥磨(龍谷3年)
2位 藤田大征(龍谷3年)
3位 川頭泰輔(三養基2年)
3位 香田尚也(龍谷3年)

【戦評】
男子個人決勝は谷口祥磨(龍谷)の粘りがチームメートの藤田大征(龍谷)を上回り、延長戦の末勝利をつかんだ。

◇女子個人(63名参加)
優勝 白水みつき(三養基3年)
2位 庄島亜美(白石2年)
3位 安永早希(佐賀商業3年)
3位 増﨑清来(白石2年)

【戦評】
女子個人決勝は3年生の意地を見せ、白水みつき(三養基)が昨年度優勝2年生庄島亜美(白石)に激戦の末勝利した。

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 7月25日、日本武道館で全国道場少年剣道大会が開催された。1日目は小学生の部(団体戦)が行なわれ、愛…
  2. 5月27日(土)~28日(日) 美里高校体育館 ◇男子団体(12校参加) 優勝 興南(2年…
  3. 6月2日(金)~3日(土) 鹿児島県総合体育センター体育館 ◇男子団体(44校参加) 優勝…
  4. 5月27日(土)~29日(月) KIRISHIMAツワブキ武道館 ◇男子団体(23校参加) …
  5. 6月3日(土)~5日(月) 別府総合体育館サブアリーナ ◇男子団体(28校参加) 優勝 明…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る