【2017IH予選】山口県予選結果

6月3日(土)~4日(日)
萩市民体育館

◇男子団体(30校参加)
優勝 西京(2年ぶり12回目)
2位 豊浦
3位 野田学園
3位 宇部フロンティア大付属香川

【決勝】

【戦評】
男子団体戦決勝は、西京と初出場を狙う豊浦との対戦。先鋒戦引き分けの後、次鋒戦で勝谷選手、中堅戦で福永選手が二本勝ちを収めて西京が王手をかける。あとのない豊浦。副将戦で田野選手(豊浦)が多彩に技をしかけるが、矢村選手(西京)がしのぎ切り、西京が全国大会への切符を手にした。勝敗は決したが、大将戦は両者大将らしい堂々たる試合であった。終わってみれば勢いのある西京が豊浦に一本も与えることなく、2年ぶり12回目の出場権を獲得した。

◇女子団体(25校参加)
優勝 新南陽(2年連続8回目)
2位 下関商業
3位 柳井
3位 山口県鴻城

【決勝】

【戦評】
女子団体戦決勝は、新南陽と下関商との対戦。先の中国大会県予選の決勝と同じカードで、今回は新南陽にとってはまさに雪辱戦であった。先鋒戦で池内選手(下関商)が一本勝ちを収めれば、次鋒戦で朝田選手(新南陽)が取り返す展開となる。中堅戦引き分けの後、迎えた副将戦。福間選手(下関商)がメンを先 取するが、半田選手(新南陽)がメン二本を取り返し、新南陽リードで大将戦へ。鳴井選手(新南陽)が引き分けて、チームを2年連続8回目の全国大会へと導いた。

◇男子個人(77名参加)
優勝 福間千大(西京3年)
2位 原本龍杜(豊浦3年)
3位 原田汰一吾(高川学園3年)
3位 地中拓海(下松工業3年)

◇女子個人(64名参加)
優勝 鮎川京佳(山口県鴻城2年)
2位 牛嶋いつか(山口県桜ケ丘1年)
3位 舩木渚彩(萩商工1年)
3位 坂本かすみ(山口県鴻城3年)

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  2. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
  3. 9月24日、長野市ホワイトリングで全日本女子剣道選手権大会が開催され、高橋(神奈川)が決勝で興梠(宮…
  4. 平成29年10月10日、第63回全日本東西対抗剣道大会が福岡市民体育館で開催された。5人制の女子の部…
  5. 平成29年9月5日、全国警察剣道選手権大会が開催された。結果は以下の通り。 男子 優勝・安藤…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る