【2017IH予選】鳥取県予選結果

6月3日(土)~4日(日)
倉吉東高校

◇男子団体(13校参加)

優勝 八頭(3年ぶり9回目)
2位 米子松蔭
3位 米子北斗
3位 米子北

【決勝】

【戦評】
優勝した八頭の小倉和と小倉大は双子の兄弟であり、この2人がチームの大黒柱である。小倉和は軽快な足さばきからキレのある技を繰り出す選手で、個人戦でも優勝している。小倉大は旺盛な気力と勝負勘が優れた選手である。決勝では唯一の3年生・中堅の山本が二本勝ちし流れを引き寄せると、続く小倉和も勝って、八頭が2年ぶり9度目のインターハイ出場を決めた。2年生主体だが、鍛え抜かれたチームであり、どこからでも勝負できる。

◇女子団体(9校参加)

優勝 鳥取城北(初出場)
2位 米子松蔭
3位 倉吉東
3位 米子北

【決勝】

【戦評】
優勝した鳥取城北は、念願のインターハイ初出場である。決勝では9年連続出場を目指す米子松蔭に対して1-1で迎えた副将戦、坂本が豪快な技で二本勝ちし、大将の田中(美)も米子松蔭・見崎の猛攻をしのいで優勝を決めた。チームの中心となる先鋒の田中(咲)は多彩な技が持ち味でチームに勢いを与える選手である。副将の坂本は、爆発力があるポイントゲッター。一人ひとりが試合巧者で、ねばりと勝負強さを併せ持つチームである。

◇男子個人(109名参加)
優勝 小倉和(八頭2年)
2位 初鹿野克幸(米子松蔭2年)
3位 小倉大(八頭2年)
3位 加藤竜成(八頭2年)

◇女子個人(55名参加)
優勝 見崎未祐(米子松蔭3年)
2位 大本帆乃佳(米子松蔭3年)
3位 坂本愛寿(鳥取城北2年)
3位 藤井梨友(米子松蔭3年)

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 準々決勝 林田(福井)コメ× 笹川(佐賀) 開始早々に林田がコテを決める。準々決勝から試合時間は1…
  2. 平成29年10月29日、日本武道館において第65回全日本学生剣道優勝大会が開催され、筑波大が優勝を果…
  3. 12月号の第2特集は「寺本将司の剣道をひもとく」。 勝利を求める意識、手の使い方、足の使い方、打突…
  4. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  5. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る