【2017IH予選】愛知県予選結果

5月20日(土)、27日(土)
露橋スポーツセンター、枇杷島スポーツセンター

◇男子団体(154校参加)
優勝 桜丘(5年連続22回目)
2位 名古屋大谷
3位 星城
3位 杜若

【決勝】

【戦評】
桜丘と名古屋大谷の決勝。先鋒戦は、お互いに有効な打突がないまま引き分け。次鋒戦、桜丘・橋本が相手の居着きにコテメンに乗り、一本先取。その後もメンに跳び込み二本勝ち。中堅戦、桜丘・井田が開始早々にメンに乗り、そのまま一本勝ち。副将戦、名古屋大谷の水谷は何とか取り返そうとするも、惜しくも時間切れで引き分け。大将戦を待たず桜丘が優勝を決めた。

◇女子団体(116校参加)

優勝 岡崎城西(2年連続2回目)
2位 三好
3位 桜丘
3位 常滑

【決勝】

【戦評】
岡崎城西と三好の決勝。先鋒戦、有効打突を一本ずつ奪い会う激しい攻め合いのすえ引き分け。次鋒、中堅、副将、大将とお互い一歩も譲らず引き分けが続く。代表戦となり、大将同士が再び登場。緊迫した攻防が続く中、三好・伊藤が一瞬居着いたところを岡崎城西の長田が跳び込みメンを決め、岡崎城西が優勝した。

◇男子個人(378名参加)
優勝 小柴直樹(桜丘3年)
2位 新井義生(名古屋大谷3年)
3位 大串快晴(星城2年)
3位 井田翔吾(桜丘3年)

◇女子個人(318名参加)
優勝 長田茉琴(岡崎城西2年)
2位 室屋悠望香(岡崎城西3年)
3位 高津百香(常滑3年)
3位 永安未侑(桜丘3年)

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 準々決勝 林田(福井)コメ× 笹川(佐賀) 開始早々に林田がコテを決める。準々決勝から試合時間は1…
  2. 平成29年10月29日、日本武道館において第65回全日本学生剣道優勝大会が開催され、筑波大が優勝を果…
  3. 12月号の第2特集は「寺本将司の剣道をひもとく」。 勝利を求める意識、手の使い方、足の使い方、打突…
  4. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  5. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る