【2017IH予選】静岡県予選結果

6月3日(土)~4日(日)
静岡県武道館

◇男子団体(85校参加)
優勝 浜名(2年連続5回目)
2位 磐田東
3位 浜松湖北
3位 飛龍

【決勝】

【戦評】
浜名と磐田東が昨年に引き続き決勝で相まみえることになった。先鋒戦、岡本(浜名)がひきメンで先手を取ったが、森本(磐田東)が出ゴテで追いつき、延長戦、反則で森本の勝利。次鋒戦は南條(磐田東)がひきメンを決め、磐田東がリードを広げる。中堅戦は引き分け。副将戦、長田(浜名)がひきドウを狙うが、これは逆に追い込まれ場外反則。いよいよ後のなくなった浜名。しかしここから長田が獅子奮迅の働き。豪快なメンを決め流れを変えると、今度はツキ一閃。場内がどよめく一本であった。大将戦、楠(浜名)と野瀬(磐田東)は互いにメンを放つ。判定は分かれたが旗が二本上がった楠の勝利。どちらが勝ってもおかしくない、決勝にふさわしい好試合であった。

◇女子団体(65校参加)
優勝 磐田西(17年連続24回目)
2位 磐田東
3位 浜名
3位 浜松聖星

【決勝】

【戦評】
県総体16連覇中の磐田西に磐田東が挑む。先鋒戦、松下(磐田西)が出ゴテを決め、さらに次鋒戦で上段の鈴木(磐田西)がメン、さらにひきゴテを決め、流れは一気に磐田西に。中堅戦、山下(磐田東)が竹刀を落とす反則、土俵際まで追い込まれた磐田東。しかし試合が延長に入るや否や、山下は長身の山本(磐田西)に対し渾身のメンを決める。副将戦、辻井(磐田東)が鮮やかなメンを決め、2-2、磐田西が本数リードで大将戦に。大将戦は石井(磐田西)のメンが鋭く、旗が上がることがあったが一本のみ、延長戦となる。三井(磐田東)が怒涛の攻めを見せたが、石井は隙を見せない。最後は引き分けで磐田西が17連覇を達成した。

◇男子個人(421名参加)
優勝 野瀬俊也(磐田東2年)
2位 楠孝納佑(浜名3年)
3位 米澤侑祐(浜名3年)
4位 森本泰生(磐田東2年)

◇女子個人(317名参加)
優勝 辻井茉里(磐田東2年)
2位 鈴木りさ(磐田西3年)
3位 松下夏生(磐田西2年)
4位 横山園花(榛原2年)

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  2. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
  3. 9月24日、長野市ホワイトリングで全日本女子剣道選手権大会が開催され、高橋(神奈川)が決勝で興梠(宮…
  4. 平成29年10月10日、第63回全日本東西対抗剣道大会が福岡市民体育館で開催された。5人制の女子の部…
  5. 平成29年9月5日、全国警察剣道選手権大会が開催された。結果は以下の通り。 男子 優勝・安藤…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る