【2017IH予選】熊本県予選結果

○男子団体戦

優勝:九州学院
2位:鎮西
3位:東海大星翔
4位:球磨工業

【決勝リーグ】

【戦評】
本年度の県高校総体では、男子団体は全国選抜大会5連覇の九州学院を軸にベスト4のチームの戦いが注目された。
ベスト4に、九州学院・鎮西・東海大星翔・球磨工業が進出し、4校のリーグ戦となった。九州学院が3試合で、勝者数10、有効打突13本と地力と経験の差で他校を圧倒し13年連続35回目の出場を決めた。

○女子団体戦
優勝:菊池女子
2位:阿蘇中央
3位:鎮西
4位:八代白百合

【決勝リーグ】

【戦評】
女子団体戦は、実力伯仲といわれ混戦が予想された。
ベスト4に、阿蘇中央・八代白百合・鎮西・菊池女子が進出し、4校のリーグ戦となった。菊池女子が2勝1敗で混戦を切り抜け、悲願の初優勝となり、劇的な幕切れとなった。2位は阿蘇中央と鎮西が1勝1敗1分で並ぶ混戦となったが、勝者数で上回った阿蘇中央が2位となった。

○男子個人戦

優勝:岩切勇磨(九州学院)
2位:長尾和樹(九州学院)
3位:吉井隆裕(済々黌)
4位:大村太壱(鎮西)
5位:井立了仁(鹿本)
6位:櫻井隆登(東海大星翔)
7位:慶田一樹(専大玉名)
8位:向坂浩哉(球磨工業)

【戦評】
男子個人戦においては、九州選抜大会個人優勝の岩切(九州学院)対長尾(九州学院)の同校同士の決勝戦となり岩切が試合開始と共に面技を連取し、優勝を果たした。

○女子個人戦

優勝:海津みなみ(阿蘇中央)
2位:田端依理(鎮西)
3位:江口琉花(尚絅)
4位:小田彩可(八代白百合)
5位:松島美弦(芦北)
6位:田中咲姫(菊池女子)
7位:松本汐里(八代白百合)
8位:髙宗咲希(開新)

【戦評】
女子個人戦では、田端(鎮西)と海津(阿蘇中央)の決勝戦となり海津が見事な胴技を決めて優勝した。

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  2. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
  3. 9月24日、長野市ホワイトリングで全日本女子剣道選手権大会が開催され、高橋(神奈川)が決勝で興梠(宮…
  4. 平成29年10月10日、第63回全日本東西対抗剣道大会が福岡市民体育館で開催された。5人制の女子の部…
  5. 平成29年9月5日、全国警察剣道選手権大会が開催された。結果は以下の通り。 男子 優勝・安藤…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る