【2017IH予選】香川県予選結果

開催日
6月3日~6月4日
場所
県立丸亀高等学校体育館

男子団体戦(参加校数23校)
優勝 高松商業(2年ぶり5回目の出場)
2位 英明
3位 尽誠学園
3位 丸亀

【決勝】

【戦評】
準決勝は高松商業-尽誠は1-0で高松商業が、丸亀-英明は1-1の代表戦で英明が勝ち、決勝へのコマをすすめた。
2年ぶり5度目の優勝を狙う高松商業と、初優勝を狙う英明との決勝戦は、先鋒では英明の古川が高松商業の井口にメン、コテの二本勝ち。
次鋒では高松商業の藤澤が英明の武本にコテ、引きドウの二本勝。中堅では高松商業の栁が英明の上田から引きメンの一本勝ち。
副将では英明の福田が高松商業の谷本に出頭メンで一本勝ちして、勝敗の行方は大将戦に持ち越されたが、延長戦開始直後、高松商業の市原が英明の小川に、引きメンを決め、高松商業に2年ぶり5度目の優勝をもたらした。
なお本大会7度目となるアベック優勝は3年ぶりで、高松商業は初のアベック優勝となる。
この5年間で3度目のインターハイを経験する高松商業高校は先鋒から大将まで堅実で勢いのある試合を展開する。全国選抜大会に続き、活躍に期待する。

女子団体戦(参加校数16校)
優勝 高松商業(4年ぶり11回目の出場)
2位 高松南
3位 琴平
3位 高松

【決勝】

【戦評】
準決勝の高松商業-琴平は2-1で高松商業が、高松-高松南は1-3で高松南が勝利した。
4年ぶり11度目の優勝を狙う高松商業と23年ぶり10度目の優勝を狙う高松南との決勝は、先鋒は高松南の糸濱が高松商業の岡から延長戦の末、メンを取り一本勝ち。次鋒は高松商業の日浦が高松南の宮武に引きドウ、引きメンを取り二本勝ち。中堅は高松商業の須藤が高松南の那須から引きメンを取り一本勝ち。続く副将で高松商業の美濃が高松南の彌三川からメンを奪い、勝敗を決した。大将も高松商業の佐藤が高松南の春木から引きメンを取ってしめくくった。
かくして、高松商業が4年ぶり11度目のインターハイへの出場権を獲得した。
前回の全国選抜剣道大会にも出場した高松商業は、先鋒から大将まで勢いがありながらも堅実な試合を展開する。インターハイでの活躍にも大いに期待ができる。

男子個人戦(参加人数124名)
優勝 奥村航 高松第一3年生
2位 長尾海人 琴平2年生
3位 土居勲武 高松南3年生
3位 井口諒 高松商業2年生

女子個人戦(参加人数96名)
優勝 佐藤綾帆 高松商業2年生
2位 鵜川ひかり 高松3年生
3位 春木こころ 高松南3年生
3位 糸濱有佑佳 高松南3年生

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  2. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
  3. 9月24日、長野市ホワイトリングで全日本女子剣道選手権大会が開催され、高橋(神奈川)が決勝で興梠(宮…
  4. 平成29年10月10日、第63回全日本東西対抗剣道大会が福岡市民体育館で開催された。5人制の女子の部…
  5. 平成29年9月5日、全国警察剣道選手権大会が開催された。結果は以下の通り。 男子 優勝・安藤…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る