【2017IH予選】山形県予選結果

開催日
6月2日(金)~4日(日)
会場
遊佐町民体育館

男子団体戦(参加校数35校)
優勝 山形工業 63年ぶり2回目の優勝
2位 山形南
3位 酒田光陵
3位 日本大学山形

【決勝】

【戦評】
決勝は、6連覇をねらう酒田光陵を準決勝で下して勢いに乗る山形工業と、本大会第2シードの山形南との対戦となった。先鋒から1本ずつ取り合って迎えた大将戦、延長で思い切りよく打った逆ドウが1本となり、山形工業が63年ぶり2回目の優勝を飾った。

女子団体戦(参加校数30校)
優勝 左沢 6年連続36回目の優勝
2位 山形市立商業
3位 酒田光陵
3位 酒田東

【決勝】

【戦評】
決勝は、左沢と初優勝をねらう山形市立商業との対戦。互いに気迫のこもった技の応酬となったが、 結局先鋒戦のメンが決め手となり、左沢が6年連続36回目の優勝を果たした。

男子個人戦(参加人数143名)
優勝松井 浩気山本学園 3年生
2位 小松 聖酒田光陵 3年生
3位 圡田貴明山形南 3年生
3位 福田 直人山形南 3年生

【戦評】
決勝は山本学園の松井と酒田光陵の小松との対戦。互いに有効打のないまま迎えた延長戦で、松井が中間からの鋭いメンを決め、ノーシードから勝ち上がって優勝を果たした。

女子個人戦(参加人数122名)
優勝 阿部 羽奏酒田東 3年生
2位 堀 真子酒田光陵 3年生
3位 上野 碧泉左沢 2年生
3位 伊藤 美月酒田光陵 2年生

【戦評】
県新人を制した酒田東の阿部と酒田光陵の堀が決勝で対戦。先に堀がメンを奪うも、阿部がしぶとくメンで追いつき、延長で再び阿部が会心のメンを決めて優勝を手にした。

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 準々決勝 林田(福井)コメ× 笹川(佐賀) 開始早々に林田がコテを決める。準々決勝から試合時間は1…
  2. 平成29年10月29日、日本武道館において第65回全日本学生剣道優勝大会が開催され、筑波大が優勝を果…
  3. 12月号の第2特集は「寺本将司の剣道をひもとく」。 勝利を求める意識、手の使い方、足の使い方、打突…
  4. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  5. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る