【2017IH予選】宮城県予選結果

開催日
6月4日(土)~ 6日(月)
会場
仙台市体育館

男子団体戦(参加校数65校)

優勝 小牛田農林 3年連続53回目の出場
2位 仙台育英学園※インターハイ第2代表
3位 東陵
3位 明成

【決勝】

【戦評】
仙台育英対小牛田のライバル対決。先鋒次鋒を分けて迎えた中堅戦から試合が動く。小牛田庄子が上段相手に左小手に飛び込み先制するも、育英奥村、相手が小手に来る所に片手面を決め引き分け。副将戦は小牛田正路が遠間から面を決めると、育英大西も相手が一瞬居ついた所に面を決める、延長に入って小牛田が再び遠間からの面を決めてリードする。大将戦は育英が押し、小牛田が凌ぐ展開となるが、終了直前に育英伊藤が起死回生の面を決め、勝負は代表戦に持ち込まれる。
育英伊藤、小牛田水沼の対戦となった代表戦。延長突入直後、伊藤が面に飛んだ所を水沼が小手をおさえ、小牛田が優勝を決めた。

女子団体戦(参加校数49校)

優勝 柴田 2年連続 15回目の出場
2位 小牛田農林※インターハイ第2代表
3位 聖ドミニコ学院
3位 仙台育英学園

【決勝】

【戦評】
柴田対小牛田の対戦。先鋒を柴田山崎、中堅を小牛田平野が制し1-1で迎えた副将戦、柴田遠藤有が開始直後に飛び込み面を決め、一歩リードする。そのまま大将戦を逃げ切った柴田が優勝を勝ち取った。

男子個人戦(参加人数146名)

優勝 水沼 太希 小牛田農林 3年生
2位 伊藤 泰仁 仙台育英学園 3年生
3位 伊藤 由侑 仙台育英学園 3年生
3位 佐藤 伶皇 仙台育英学園 3年生

【戦評】
男子個人決勝は、伊藤泰仁選手(仙台育英)と水沼太希選手(小牛田農林)の対戦となった。シード選手を連破して勢いに乗る伊藤選手が序盤から激しく攻め、これを水沼選手が凌ぐという試合展開となった。中盤に入り、伊藤選手が胴を打って引いたところを、水沼選手が鋭く追い込んで面を決める。その後は両者激しく打ち合うものの、決定打に欠き、そのまま水沼選手が優勝を飾った。

女子個人戦(参加人数122名)

優勝 遠藤 那里 柴田 3年生
2位 山崎 穂乃佳 柴田 3年生
3位 髙木 彩夏 仙台育英学園 3年生
3位 窪田 美来 小牛田農林 3年生

【戦評】
女子個人決勝は、第一シードの山崎穂乃佳選手とノーシードから勝ち上がった遠藤那里の柴田高校対決となった。お互い手の内を知り尽くした相手とあって技が出なかったが、延長開始草々に遠藤選手が相手の出ばなに思い切りよく相面を決め、同校対決を制した。

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  2. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
  3. 9月24日、長野市ホワイトリングで全日本女子剣道選手権大会が開催され、高橋(神奈川)が決勝で興梠(宮…
  4. 平成29年10月10日、第63回全日本東西対抗剣道大会が福岡市民体育館で開催された。5人制の女子の部…
  5. 平成29年9月5日、全国警察剣道選手権大会が開催された。結果は以下の通り。 男子 優勝・安藤…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る