【2016IH予選】埼玉県予選

激戦区を制したのは男女とも埼玉栄。男子は2年連続、女子は2年ぶりのインターハイへ

開催日・会場
個人戦 5月30日(月) 埼玉県立武道館
団体戦 6月19日(日)〜20日(月) 越谷市総合体育館

◇男子団体戦(参加校数136校)
優勝 埼玉栄(2年連続17回目)
男子団体
2位 立教新座
3位 本庄第一
3位 春日部

▽男子団体決勝
埼玉男子表
決勝動画は剣道ナビ(ケイタイ・スマホ会員制有料サイト)で見られます

【戦評】男子団体戦決勝は、立教新座と埼玉栄の対戦となった。先鋒、次鋒戦と拮抗した試合で引き分け。試合は中堅戦で動きを見せ、長尾選手がメンを決めて埼玉栄がリード。副将戦は引き分けとなり、大将戦は落ち着いた試合運びで設樂選手(埼玉栄)が引きドウとメンの二本勝ちを収め、埼玉栄が2年連続17回目の出場を決めた。

準決勝
○埼玉栄 2-1 春日部● 動画あり

準々決勝
○本庄第一 1-0 大宮東● 動画あり
○春日部 2本2 市立川口● 動画あり

 

◇女子団体戦(参加校数93校)

優勝 埼玉栄(2年ぶり19回目)
女子団体
2位 本庄第一
3位 淑徳与野
3位 ふじみ野

▽女子団体決勝
埼玉女子表
決勝動画は剣道ナビ(ケイタイ・スマホ会員制有料サイト)で見られます

【戦評】女子団体戦決勝は、埼玉栄と本庄第一の対戦。先鋒戦で小沼選手(埼玉栄)がメンの一本勝ちで優位に進めると、次鋒、中堅戦は引き分け、副将戦も江藤選手(埼玉栄)がメンを先取すれば板倉選手(本庄第一)がコテを取り返して引き分け。緊迫した状況での大将戦は引き分けとなり、埼玉栄が2年ぶり19回目の出場権を獲得した。

女子準決勝
○埼玉栄 1代1 淑徳与野● 動画あり

女子準々決勝
○ふじみ野 1代1 大宮東● 動画あり
○本庄第一 2-1 寄居城北● 動画あり

 

◇男子個人戦(参加人数303名)
優勝 曽田峻平(本庄第一3年)
2位 中嶋将太(立教新座2年)
3位 端猛法(埼玉栄3年)
3位 大越一範(春日部3年)
男子個人
◇女子個人戦(参加人数229名)
優勝 嶋田莉子(本庄第一3年)
2位 江藤有紗(埼玉栄3年)
3位 伊東由美子(本庄第一3年)
3位 安井飛鳥(淑徳与野3年)
女子個人

(報告・戦評=児玉高校・関川諒)

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 平成29年8月12日、インターハイ最終日の競技が行なわれ、男子団体決勝では高千穂(宮崎)が島原(長崎…
  2. 8月11日、前日1時間を超えて決着がつかず異例の再試合となった男子個人の岩切勇磨(九州学院・熊本)×…
  3. 平成29年8月11日、男子団体戦終了後、女子個人戦の1回戦から4回戦が実施され、ベスト8が出揃った。…
  4. 平成29年8月11日、インターハイ剣道大会(第64回全国高等学校剣道大会)は、朝9時より男子団体戦予…
  5. 8月10日、女子個人戦終了後、男子個人戦の4回戦までが行なわれた。ベスト8が出揃う予定だったが、岩切…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る