【2016IH予選】三重県予選

男子は伝統校の三重、女子は新進気鋭の鈴鹿がともに2年ぶりに優勝

開催日
団体戦 5月28日
個人戦 5月29日

会場
津市芸能総合文化センター体育館

◇男子団体(参加校37校)
優勝 三重(2年ぶり32回目)

団体男子優勝(三重高校)

2位 皇學館
3位 白子
3位 鈴鹿

▽男子団体決勝
三重男子表

◇男子団体戦 戦評
決勝は選抜出場校の三重高校と2年連続の出場を目指す皇學館高校の対戦となった。
まずは三重高校の松岡選手が上段を取る皇學館高校川合選手からメン一本の勝ちで先制。
続く次鋒戦でも三重高校吉川選手が勝利し、2-0とした。
その後、中堅、副将と引き分けたことで三重高校が2年ぶりの32回目の出場権を獲得した。

◇女子団体(参加校30校)
優勝 鈴鹿(2年ぶり3回目)

団体女子優勝(鈴鹿高校)

2位 白子
3位 津田学園
3位 三重

▽女子団体決勝
三重女子表

◇女子団体戦 戦評
決勝は2年ぶり3回目の出場を目指す鈴鹿高校と今年選抜に出場した三重高校を準決勝で破った白子高校の対戦となった。
先鋒戦は鈴鹿高校の芳村選手が一本勝ちで先制した。
次鋒戦は引き分けたが、中堅戦で鈴鹿高校の和田選手がメンを連取し、試合を決定づけた。

◇男子個人(参加者170名)
優勝 中村文哉 三重(3年)
2位 嶌田和希 三重(3年)
3位 米田圭輝 白子(2年)
4位 森川将史 津西(3年)

個人戦ベスト4(男子)

◇女子個人(参加者134名)
優勝 松村朋香 鈴鹿(2年)
2位 田名瀬泰 奈鈴鹿(2年)
3位 高田真奈 津西(3年)
4位 松田愛香 いなべ総合学園(3年)

個人戦ベスト4(女子)

(報告・戦評=小川貴之)

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 準々決勝 林田(福井)コメ× 笹川(佐賀) 開始早々に林田がコテを決める。準々決勝から試合時間は1…
  2. 平成29年10月29日、日本武道館において第65回全日本学生剣道優勝大会が開催され、筑波大が優勝を果…
  3. 12月号の第2特集は「寺本将司の剣道をひもとく」。 勝利を求める意識、手の使い方、足の使い方、打突…
  4. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  5. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る