【2016IH予選】宮城県予選

開催日
6月4日(土)~6日(月)

会場
仙台市体育館

◇男子団体戦(参加68校)
優勝 小牛田農林(2年連続52回目)

IMG_4592

2位 東陵
3位 仙台第一
3位 仙台育英学園

▽男子団体決勝
宮城男子表

◇男子団体戦 戦評
男子団体決勝は小牛田農林対東陵の対戦となった。
先鋒戦を引き分けた後、次鋒戦は東陵が2度の反則で小牛田が先制する。
中堅戦、水沼選手(小牛田)が相手が面に来るところに小手を押さえ先制するが、2度の反則により引き分けに終わる。
副将戦、延長に入り、佐藤選手(小牛田農林)が面を決め、優勝を決めた。

◇女子団体戦(参加47校)
優勝 柴田(5年ぶり14回目)
IMG_4589

2位 仙台育英学園
3位 小牛田農林
3位 聖ドミニコ学院

▽女子団体決勝
宮城女子表

◇女子団体戦 戦評
女子団体決勝は柴田対仙台育英学園の対戦となる。
先鋒戦は、東選手(柴田)が終始押し気味に試合を進め、相手の2度の反則で先手を取る。
次鋒戦は、神村選手(仙台育英学園)が序盤に2度の反則で先制を許す。
中盤過ぎには山崎選手(柴田)が思い切った飛び込み面を決め、リードを広げた。
その後、柴田がリードを守り、優勝を決めた。

◇男子個人戦(参加人数148名)
優勝 佐藤 亘小牛田農林 (3年)
2位 渡會 真斗仙台育英学園 (3年)
3位 清武 大輝東陵 (3年)
3位 相澤 光哉明成 (3年)

IMG_4595

◇個人戦 戦評
男子個人決勝は、共にノーシードから勝ち上がった佐藤選手(小牛田農林)と渡會選手(仙台育英学園)の対戦となった。
両者打ち合うも決定打に欠け、延長に入ったが、8分過ぎ居ついたところを佐藤が面に飛び込み、優勝を決めた。

◇女子個人戦(参加人数122名)
優勝 五十嵐 千乃小牛田農林(3年)
2位 前田 舞仙台育英学園(3年)
3位 菊地 ひな美名取北(2年)
3位 安達 夢乃仙台育英学園(3年)

IMG_4598

◇個人戦 戦評
女子個人決勝は、順当に勝ち上がった第1シード前田選手(仙台育英学園)に五十嵐選手(小牛田農林)が挑んだ。
中盤、相手が引いたところに思い切った飛び込み面を決めた五十嵐選手が、その後の前田選手の猛攻をしのぎ、栄冠を手にした。

報告
新沼 弘己
宮城県迫桜高等学校

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 準々決勝 林田(福井)コメ× 笹川(佐賀) 開始早々に林田がコテを決める。準々決勝から試合時間は1…
  2. 平成29年10月29日、日本武道館において第65回全日本学生剣道優勝大会が開催され、筑波大が優勝を果…
  3. 12月号の第2特集は「寺本将司の剣道をひもとく」。 勝利を求める意識、手の使い方、足の使い方、打突…
  4. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  5. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る