【2016IH予選】岐阜県予選

女子団体・男子個人
期日
平成28年5月21日(土)

会場
関市総合体育館

男子団体・女子個人
期日
平成28年5月28日(土)

会場
関市総合体育館

参加校
団体戦 男子 54校女子 38校
個人戦 男子131名女子108名

◇男子団体
優勝 麗澤瑞浪(5年連続14回目)

男子団体1位麗澤瑞浪

2位 中京
3位 高山西
3位 市岐阜商

▽男子決勝
岐阜男子表

◇女子団体
優勝 中京(10年ぶり5回目)

女子団体1位中京

2位 郡上
3位 麗澤瑞浪
3位 美濃加茂

▽女子決勝
岐阜女子表
◇団体戦 戦評
男子団体決勝は3月に行われた全国選抜大会で2年連続入賞と勢いに乗る麗澤瑞浪と、チーム力は高いものの県選抜予選で麗澤瑞浪に敗れ、今大会こそはと打倒麗澤瑞浪に燃える中京との一戦となった。
先鋒戦、次鋒戦は両校とも譲らず緊迫した試合。
しかし今年の麗澤瑞浪は後ろ3枚に力がある。中堅の沖選手、副将の森越選手(麗澤瑞浪)が見事な面で2連勝し勝負あり。
中京は大将の村瀬が試合開始直後に会心の面を決め意地を見せるも、最後は小角選手(麗澤瑞浪)がしっかり取返し団体戦を締めくくった。
女子団体、注目は準決勝、麗澤瑞浪対中京。これまで幾度となくしのぎを削ってきた両校であるが、近年は麗澤瑞浪が全国で輝かしい活躍を見せる中、中京は虎視眈々と狙っていた。
先鋒戦、次鋒戦と引き分けに終わり中堅戦、浅野選手(中京)が面を決め中京がリードする展開。副将小林選手(麗澤瑞浪)、大将青山選手(麗澤瑞浪)が必死に攻めるも取り切れず、麗澤瑞浪は10年連続インターハイ出場を叶えることができなかった。
決勝はその中京と県選抜予選2位の郡上との一戦。両チームとも1年生の肥田選手(中京)、宮崎選手(郡上)が勝利するなど接戦の中、大将戦へ。
羽土選手(郡上)が田中選手(中京)の引いたところに面を取り代表戦になるかと思われたが田中選手が返し胴を取り返し、そのまま試合終了。中京が全国総体の切符を手に入れた。

▽男子個人
優勝 沖拓真(麗澤瑞浪3年)
準優勝 小角朋樹(麗澤瑞浪3年)
3位 森越進(麗澤瑞浪3年)
3位 春見駿介(高山西3年)

男子個人ベスト4

▽女子個人
優勝 小林桃香(麗澤瑞浪3年)
準優勝 安東侑花(麗澤瑞浪3年)
3位 纐纈有香(美濃加茂3年)
3位 松下麗渚(東濃実業3年)

女子個人ベスト4

◇個人戦 戦評
男子個人決勝は優勝候補筆頭の小角選手(麗澤瑞浪)と沖選手(麗澤瑞浪)で行われた。
手の内を知っている者同士なかなか1本が決まらない中、最後は沖選手の小手が決まり優勝を勝ち取った。両選手共に全国総体での活躍が期待される。

女子個人は団体戦の雪辱を果たすべく小林選手(麗澤瑞浪)と安東選手(麗澤瑞浪)が勝ち上がり、全国総体出場を決めた。

(報告=岐阜県高体連剣道専門部広報担当・桃瀬優)

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 7月25日、日本武道館で全国道場少年剣道大会が開催された。1日目は小学生の部(団体戦)が行なわれ、愛…
  2. 5月27日(土)~28日(日) 美里高校体育館 ◇男子団体(12校参加) 優勝 興南(2年…
  3. 6月2日(金)~3日(土) 鹿児島県総合体育センター体育館 ◇男子団体(44校参加) 優勝…
  4. 5月27日(土)~29日(月) KIRISHIMAツワブキ武道館 ◇男子団体(23校参加) …
  5. 6月3日(土)~5日(月) 別府総合体育館サブアリーナ ◇男子団体(28校参加) 優勝 明…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る