【2016IH予選】和歌山県予選

男子は明治41年創部の桐蔭が初優勝。女子は常勝和歌山東が勝つ

日時 平成28年6月3日(金)~5日(日)
会場 和歌山ビッグホエール

◇男子団体戦(27校参加)
優勝 桐蔭(初出場)

男子団体
2位 日高
3位 新宮
3位 和歌山東

【準々決勝】
○和歌山東 3-1 和歌山工業●
○日高 2代2 箕島●
○新宮 2-1 紀央館●
○田辺 0-3 桐蔭●

【準決勝】
○日高 2-0 和歌山東●
○桐蔭 2-0 新宮●

【決勝】
和歌山男子表

◇女子団体戦(19校参加)
優勝 和歌山東(8年連続19回目)
女子団体
2位 近大和歌山
3位 和歌山工業
3位 箕島

【準々決勝】
○和歌山東 5-0 田辺●
○和歌山工業 3-0 紀北工業●
○近大和歌山 3-0 新宮●
○箕島 2代2 橋本●

【準決勝】
○和歌山東 3-0 和歌山工業●
○近大和歌山 3-0 箕島●

【決勝】
和歌山女子表

◇男子個人戦(参加人数109名)
優勝 花野敦紀(桐蔭)
2位 福本誠弥(箕島)
3位 森裕亮(日高)
3位 西村玲音(新宮)

男子個人

◇女子個人戦(参加人数79名)
優勝 松本泉帆(和歌山東)
2位 阿部ゆめな(和歌山東)
3位 山本里奈(和歌山東)
3位 山田亜里沙(和歌山工業)

女子個人

 

【戦評】
女子個人、準決勝に和歌山東3名、和歌山工業1名と、和歌山東勢に実力、勢いがあった。準決勝は、松本(和東)対山田(和工)、阿部(和東)対山本(和東)の対決。決勝、松本対阿部の同校決戦を松本が勝利した。松本は二年連続の個人全国総体出場。全国総体で上位入賞を期待する。阿部は団体戦の中心選手。全国での活躍を期待する。3,4位の山本、山田は新人戦に続けて入賞。惜しくも全国総体を逃したが、近畿大会での活躍を期待する。
男子個人、準決勝は森(日高)対花野(桐蔭)、福本(箕島)対西村(新宮)の対決。実力伯仲の中、決勝に、花野(桐蔭)と福本(箕島)が駒を進めた。試合は花野が時間内に面を奪い、優勝を飾った。花野は、高い集中力と勝負強さで優勝した。準優勝の福本は試合巧者、思い切りの良い技で勝利を重ねた。両名、全国総体での活躍を期待する。3位、4位の森、西村は両名とも団体戦入賞校の大将選手であり、実力は確かである。近畿大会入賞が期待できる。
女子団体、決勝は和歌山東対近大和歌山。先鋒、和歌山東太田実が勝利。次鋒、近大和歌山下代が勝利。中堅、和歌山東阿部が勝利。副将、大将戦は引き分け。和歌山東が8年連続19回目の優勝を決めた。和歌山はメンバー中、個人戦で3名が入賞し、大将松本、中堅阿部は県内屈指の実力者、総合力の高いチームである。
男子団体、決勝は日高対桐蔭の伝統校決戦。先鋒、桐蔭菅谷が二本勝ち。次鋒から、四人引き分けで桐蔭高校が初優勝を決めた。桐蔭は近畿選抜準優勝校。先鋒菅谷、副将花野、大将奥村を中心にチームワークが素晴らしい。全国総体での活躍を期待する。全国総体、近畿大会に出場する選手諸君の健闘を祈る。

(報告・戦評=県立和歌山工業高等学校・上田秀人)

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 5月27日(土)~28日(日) 美里高校体育館 ◇男子団体(12校参加) 優勝 興南(2年…
  2. 6月2日(金)~3日(土) 鹿児島県総合体育センター体育館 ◇男子団体(44校参加) 優勝…
  3. 5月27日(土)~29日(月) KIRISHIMAツワブキ武道館 ◇男子団体(23校参加) …
  4. 6月3日(土)~5日(月) 別府総合体育館サブアリーナ ◇男子団体(28校参加) 優勝 明…
  5. 6月2日(金)~3日(土) 諸富文化体育館 ◇男子団体(30校参加) 優勝 龍谷(4年ぶり…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る