全日本女子学生剣道大会、明治大が初優勝

11月13日(日)、春日井市総合体育館において第35回全日本女子学生剣道優勝大会が開催された。決勝は明治大と日体大の対戦となり、2―0で制した明治大が初優勝を果たした。
決勝 明治大×日体大
先鋒戦、今年の全日本女子学生個人を制した日体大の小川(2年)が立ち上がりにしかける。これが決まらずに終わるとすかさず明治大の三好(4年)がメンを放つ。これが有効となりいきなり試合が動いた。その後も三好には惜しいひきゴテなどがあったが旗は動かず、そのまま一本勝ちとなる。
日体大は先鋒小川、次鋒玉田(3年)と二人上段を並べ、序盤戦では順序を入れ替えた試合もあった。明治大も同様に先鋒三好、次鋒作山(3年)の順序が序盤戦は逆だったが、その入れ替え以外は不動のメンバーで戦った。
次鋒戦からは審判の旗が動かなくなり、作山×玉田、藤崎(1年)×高馬(3年)と引き分けが続く。副将戦では準決勝まで好調だった大井(日体大・3年)に対し吉原(2年)が引き分けに持ち込み、明治大リードのまま大将戦を迎えた。
大将戦は、準決勝で国士舘の川添から勝利をあげてチームを決勝に導くなど好調ぶりを見せていた大亀(明治大・4年)と、同様に緊迫した場面を乗り切ってきた糸山(3年)の対戦。序盤から一本を取りにいく糸山だったが、コテに行ったところを大亀が後打ちでメンを放つと、これが有効打となった。二本が必要になった糸山が攻めるも、その後は旗が動く場面はなく、そのまま試合終了の笛がなった。

決勝・大将戦、大亀がメンを決める
dsc_3708

明治大は本大会で過去3位が一度(平成21年)あるだけ。女子剣道部が本格的に活動を始めて約10年で全国制覇を果たした。準決勝の国士大との試合は、1勝1敗、国士大の一本リードで大将戦を迎えたが、大亀がメンを先取。しかし国士大の川添がコテを返し一本一本とする。そのまま終われば国士大の決勝進出だったが、勝負となるや大亀がメンに跳び込んだ。大亀の見事な活躍で決勝進出を果たした。
3位に終わった関東覇者の国士大だったが、準々決勝では筑波大に対し、川添が大西に勝って代表戦に持ち込むと、代表戦では後藤を下してベスト4入りを果たしている。
一方の日体大も決勝に進んだのは平成21年度以来。平成25年、26年と3位入賞を続けており安定した力を発揮していたが、今大会は小川と副将大井、大将糸山らが好調だった。法大との準決勝は、日体大先鋒小川、法大次鋒佐藤がともに二本勝ち、続く2試合を引き分けて大将戦を迎えたが、糸山がドウとメンを奪って決勝進出を果たした。
ベスト8のうち6校を関東勢が占めたが、朝日大(東海)、福島大(東北)の2校が割って入った。関西覇者の大体大は筑波大に代表戦の末敗退、九州覇者の福岡大は日体大に3回戦で敗退、鹿屋体大は1回戦で国武大に敗れた。

優勝・明治大
2位・日本体育大
3位・国士舘大
3位・法政大
ベスト8・福島大、朝日大、駒沢大、筑波大

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  2. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
  3. 9月24日、長野市ホワイトリングで全日本女子剣道選手権大会が開催され、高橋(神奈川)が決勝で興梠(宮…
  4. 平成29年10月10日、第63回全日本東西対抗剣道大会が福岡市民体育館で開催された。5人制の女子の部…
  5. 平成29年9月5日、全国警察剣道選手権大会が開催された。結果は以下の通り。 男子 優勝・安藤…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る