平成28年度全国警察選手権大会、男子は10年目の大城戸(大阪府警)、女子は新人阿部(警視庁)が初優勝

表記の大会が9月6日(火)、日本武道館にて開催された。男子122選手、女子92選手がエントリーしたが、岩手の選手は欠場した。今年も一本勝負形式で実施された。

男子の部
昨年の世界大会において日本代表として戦った選手が2回戦までに次々と敗れる大波乱の展開となる。竹ノ内佑也(警視庁)、正代正博(警視庁)は1回戦、内村良一(警視庁)、安藤翔(北海道)、勝見洋介(神奈川)は2回戦で姿を消し、上位に勝ち残ったのは西村英久(熊本)のみ。西村は、前回のこの大会の覇者である土谷有輝(大阪)からも勝利を収めてベスト8に駒を進めたが、千葉の伏兵・岡光健太郎に跳び込みメンを打たれて敗れた。
ベスト4に進出したのはその岡光のほか、野田了(岐阜)、大城戸知(大阪)、前田康喜(大阪)の4選手。岡光×野田は野田が開始早々に上段からの片手メンを決め、大阪府警同士の準決勝は大城戸が絶妙のタイミングで出ゴテを決める。決勝戦では、上段の構えから果敢に攻め込む野田に対し、懐の深い大城戸が返し技などで主導権をつかむ。一度野田の出ばなに打ったメンが一本かと思われたが旗は一本にとどまる。それでもペースを崩さなかった大城戸は、再び野田が構えを下ろしたところにメンを決めた。大城戸は前々回(2012年)の世界大会において日本代表にもなっていた実力者。この大会ではベスト8やベスト16にとどまる悔しい思いを何度もくり返していたが、本大会出場5回目にしてみごと頂点に立った。

男子決勝戦。完璧に決まったかと思われた大城戸のメンは旗一本にとどまる
01_D4S1878

大城戸知選手(大阪府警)は鹿屋体育大学から大阪府警入りし、10年目にして警察選手権で優勝を果たした
02_D4S2790
2位・野田了(岐阜)
3位・岡光健太郎(千葉)
3位・前田康喜(大阪)

女子の部
昨年の全日本女子選手権者・松本弥月(神奈川)は4回戦で阿部美洸(警視庁)にコテを奪われ戦列を離れる。もう一人の優勝候補・山本真理子(大阪)は決勝まで勝ち進んだもののその戦いは大苦戦の連続。2戦目では今年から神奈川県警に入った高橋萌子との大持久戦を何とか制し、次戦も長丁場の戦いの末、反則による結末となる。準々決勝では渡邊タイ(熊本)に、準決勝では森山加世(大阪)に対してともにコテを決めている。
決勝は山本と阿部によって争われた。阿部は松本を下した後、山本瑤子(大阪)、三木聖代(警視庁)から勝利を収めてきた。ともに体力の消耗が懸念されるなかで始まった決勝戦もやはり長期戦となったが、阿部が出ゴテを決めると会場がどっと沸き返る。桐蔭学園高校時代にインターハイ2位等の実績を残し、法政大学から今年警視庁に入ったばかりの阿部がいきなり頂点に立った。阿部は11日(日)の全日本女子選手権にも出場予定。

阿部美洸選手(警視庁)は、奉職1年目にしていきなりのビッグタイトルを獲得

03_DSC2020
2位・山本真理子(大阪)
3位・三木聖代(警視庁)
3位・森山加世(大阪)

閉会式の模様
04_DSC2055

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  2. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
  3. 9月24日、長野市ホワイトリングで全日本女子剣道選手権大会が開催され、高橋(神奈川)が決勝で興梠(宮…
  4. 平成29年10月10日、第63回全日本東西対抗剣道大会が福岡市民体育館で開催された。5人制の女子の部…
  5. 平成29年9月5日、全国警察剣道選手権大会が開催された。結果は以下の通り。 男子 優勝・安藤…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る