速報!全国中学校大会。団体日本一は男子・玄洋中(福岡)女子・燕中(新潟)

全国中学校大会は8月19日~2日、長野市の真島総合スポーツアリーナで行なわれ、熱戦が展開された。
男子団体は玄洋中(福岡)が初優勝、女子団体は燕中(新潟)が6回目の優勝を果たした。

【女子団体戦結果】
優勝・燕中(新潟)
IMG_01262位・大和中(佐賀)
3位・国士舘中(東京)
3位・潮田中(神奈川)

【男子団体戦結果】
優勝・玄洋中(福岡)
IMG_0138
2位・加古川中(兵庫)
3位・国士舘中(東京)
3位・横浜中(神奈川)

【女子個人戦結果】
優勝・柿元 冴月(那珂川北中・福岡)
2位・奥谷 茉子(日田東部中・大分)
3位・笠 日向子(前原西中・福岡)
3位・大嶋 友莉亜(志段味中・愛知)

女子個人戦入賞者
IMG_0075

【男子個人戦結果】
優勝・東野 一成(高知中・高知)
2位・鈴木 龍生(阿見中・茨城)
3位・吉村 健成(高千穂中・宮崎)
3位・相馬 武蔵(九州学院中・熊本)

男子個人戦入賞者IMG_0090

【女子団体】

◆女子団体戦決勝
●大和中(佐賀) 1(1)ー2(2) 燕中(新潟)○

先鋒 立花 × 本間
立ち上がりから激しい攻防戦となる。延長戦となり、立花が本間の隙をついてメンに跳び込むも一本にはならない。そのまま引き分けに終わる。

次鋒 ●井石 -延コ 栗山○
互いに手数は多く打ち合いが続くも、有効打がないまま延長へ。開始直後、井石が開始線から跳び込んだメンに、タイミングをずらしてコテに出た栗山が一本。

中堅 ●山口 -ド 辰口○
間合いを取りながら互いに牽制しあう展開。山口がメンに出たところに、辰口がドウで合わせて一本。時間いっぱいとなり、一本勝ち。

辰口がドウを決める
DSC_7328

副将 ○江口 メ延- 臼井●
大和中にとっては苦しい展開で迎えた副将戦。江口が攻めるも、臼井がなかなかそれを許さない。膠着状態が続く試合中盤、合議がかかり臼井に反則1回。延長に入ってすぐ、臼井の足が止まったところに江口が引きメンを決めた。

大将 古川 × 佐藤
開始直後に古川が捨て身でメンに跳び込み、おしいところをとらえるも一本にはならない。その後も古川が攻めるもそのまま延長戦へ。延長開始すぐ、古川の逆ドウに旗が一本上がる場面も。そのあと古川に場外反則1回。試合再開の合図とともに佐藤がメン、古川はドウに出るがこれも互いに一本とならない。そのうち、佐藤も反則が取られる。時間間際、古川渾身の逆ドウがいいところをとらえたが旗は上がらない。そのまま終了を告げるブザーが鳴り、試合終了となる。

◆女子団体準決勝
●国士舘中(東京) 0(1)ー5(8) 大和中(佐賀)○
先鋒 ●小野 ーメメ 立花○
次鋒 ●佐藤 -メ 井石○
中堅 ●山本 メ-メメ 山口○
副将 ●瀬口 -メコ 江口○
大将 ●長堀 -ド 古川○

●潮田中(神奈川) 1(1)ー3(3) 燕中(新潟)○
先鋒 ●阿部 -メ 本間○
次鋒 ●岸本 -メ 栗山○
中堅 ●森山 -メ 辰口○
副将 中村 × 臼井
大将 ○杉本 コー 佐藤●

◆女子団体準々決勝
○国士舘中(東京) 2(4)-1(2) 末吉中(鹿児島)●
先鋒戦は末吉中が先制したが、その後取り返されて引き分け。次鋒戦では末吉中の春山が一本勝ち。国士舘中は中堅から勢いに乗り、山本が二本勝ち。副将・瀬口もそれに続き一本勝ち。大将は引き分けで国士舘中の勝利。接戦だった。
○大和中(佐賀)3(5)ー1(2) 玉穂中(山梨)●
○潮田中(神奈川)1(1)-1(1) 宇ノ気中(石川)●
代表 杉本(潮田中)コー 横山(宇ノ気中)
○燕中(新潟)4(7)ー0(0)龍雲中(香川)●
燕中が先鋒、次鋒と二本勝ちで2連勝。中堅・辰口の一本勝ちで勝負を決めた。燕中は副将の臼井も勝利して勝ち星を追加した。

◆女子団体戦決勝トーナメント1回戦
○国士舘中(東京) 4(6)-0(0) 長狭中(千葉)●
国士舘中は、先鋒、次鋒と二本勝ちで一気にリード。中堅は引き分け。勢いはそのまま続き、副将、大将も国士舘中が勝利した。

国士舘中の先鋒小野がメンを先制DSC_6441

○末吉中(鹿児島) 2(3)代-2(3) 壬生中(栃木)●
○玉穂中(山梨) 2(3)代-2(3) 松江四中(島根)●
○大和中(佐賀) 2(3)-1(3) 杵築中(大分)●
○宇ノ気中(石川) 2(3)-2(2) 那賀川中(徳島)●
○潮田中(神奈川) 3(4)-0(0) 光陵中(北海道)●
○龍雲中 (香川) 3(4)-0(0) 西朝明中(三重)●
○燕中(新潟) 3(6)-2(3)久御山中(京都)●
燕中が先鋒・次鋒と勝利。久御山中は中堅の西尾が粘って、燕中の辰口に先取されたところから二本取り返して勝利。流れをつかんだ久御山中が副将戦も一本勝ち。大将戦で燕中の佐藤が二本勝ち。

【男子団体】

◆男子団体戦決勝
○玄洋中(福岡)2 (2)-0(0) 加古川中(兵庫)●
先鋒 田城 × 阿部
互いに慎重な試合運び。近間から阿部が数本メンに出るが決まらない。延長戦へ。田城がメンに跳び込み見せ場を作るが、一本にはならず引き分けに終わる。

次鋒 西原 × 塚副
思い切った技が互いになかなか出せないまま時間が進む。終盤、互いに注意が入り反則1回ずつとなる。延長戦に入っても膠着状態のまま、試合終了となる。

中堅 斉藤 × 三浦
互いに流れを呼び込みたい展開。斉藤の繰り出すメンが冴える場面もあったが、有効打はない。延長戦でも互いに膠着状態は破れなかった。

副将 ○谷口 メ- 西川●
試合開始すぐ、谷口が勢いよくメンに跳び込んで貴重な一本を先取。そのまま残り時間も慎重に闘った谷口が勝利した。

大将 ○田城 コ延- 猪俣●
猪俣は何としても一本欲しい場面だが、田城が強い攻めでそれを許さない。延長戦、つばぜり合いから田城がひきコテを放つとそれが決まる。

田城がひきゴテを決めた
DSC_7574

◆男子団体準決勝

●国士舘中(東京) 2(2)ー2(2) 玄洋中(福岡) ○
先鋒 ○橋本 メ- 田城●
次鋒 池田 × 西原
中堅 ●長屋 ーコ 斉藤○
副将 ●曾我部 -メ 谷口○
大将 ○奥田 メ- 田城●
代表 ●奥田 -ド 田城○

●横浜中(神奈川) 1(1)ー3(3) 加古川中(兵庫)○
先鋒 ●塙 ーメ 阿部○
次鋒 ●井上 -コ 塚副○
中堅 ○大埜 ド- 三浦●
副将 富永 × 石川
大将 ●伊藤 -メ 猪俣○

◆男子団体準々決勝
○国士舘中(東京)4(8)-0(1) 奥田中(富山)●
国士舘中は、先鋒・橋本に勢いがあり二本勝ち。それに続く次鋒・池田も一本勝ちを収めた。中堅戦は、両者一本ずつのまま時間となり、引き分け。副将戦では開始すぐに国士舘中がドウ、コテと追加し二本勝ち。ここで勝負が決まる。大将・奥田も二本勝ち。
○玄洋中(福岡) 2(2)―0(0) 玉穂中(山梨)●
○横浜中(神奈川)3(3)ー2(3) 久御山中(京都)●
○加古川中(兵庫)4(6)ー0(1) 菊池南中(熊本)●

男子団体戦決勝トーナメント1回戦
○奥田中(富山)3(4)-1(1) 香芝東中(奈良)●

奥田中の大将金崎がコテを決める
DSC_6689○国士舘中(東京)3(4)-0(0) 西和中(和歌山)●
○玄洋中(福岡)2(2)-0(0) 勝平中(秋田)●
○玉穂中(山梨)3(4)-2(2) 栄進中(埼玉)●
○久御山中(京都) 5(8)―0(0) 南大分中(大分)●
○横浜中(神奈川)2(3)代-2(3)東海大浦安中(千葉)●
【代表】 伊藤(横浜中・神奈川)メ― 岩原(東海大浦安中・千葉)
○菊池南中(熊本)3(5)-0(1) 長崎南山中(長崎)●
○加古川中(兵庫)4(6)-0(0) 藪塚本町中(群馬)●

【女子個人】

◆女子個人戦決勝
○柿元 冴月(那珂川北中・福岡) メ延- 奥谷 茉子(日田東部中・大分)●
昨年2年生ながら同大会の決勝の舞台に立ち敗れた柿元が、決勝戦まで勝ち上がってきた。
延長戦。強い攻めをみせた柿元の技が冴える。メンに跳び込んだところ、引きメンなどに審判の旗が動く場面も。最後はひきメンで一本を奪取した。

◆女子個人戦準決勝
○奥谷 茉子(日田東部中・大分) メ延- 笠 日向子(前原西中・福岡)●
延長開始すぐ、奥谷がメンを決めて勝利。
○柿元 冴月(那珂川北中・福岡) コ延- 大嶋 友莉亜(志段味中・愛知)●
終始攻め続けた柿元が、コテに跳び込んで一本を奪取。

◆女子個人戦準々決勝
○奥谷 茉子(日田東部中・大分) メ延- 小川 真英(大沼中・埼玉)●
○笠 日向子(前原西中・福岡) メ延- 藤田 まな(玉島東中・岡山)●
○柿元 冴月(那珂川北中・福岡) メ- 大西 希望(幕張本郷中・千葉)●
○大嶋 友莉亜(志段味中・愛知) メ延- 杉本 咲妃(潮田中・神奈川)●

◆女子個人戦4回戦
◯奥谷 茉子(日田東部中・大分) コ延ー 吉村 寧音(垂水中央中・鹿児島)●
◯小川 真英(大沼中・埼玉) メ延ー 奥山 璃胡(中山中・山形)●
◯笠 日向子(前原西中・福岡) メー 永井 杏奈(長狭中・千葉)●
◯藤田 まな(玉島東中・岡山) メメ延ーメ 日詰 望愛(南吉成中・宮城)●
※日詰選手の所属県が「佐賀」となっておりましたが、正しくは「宮城」です。お詫びを申し上げるとともに訂正いたします。
◯大西 希望(幕張本郷中・千葉) メ延ー 津野 愛梨(菊池南中・熊本)●
◯柿元 冴月(那珂川北中・福岡) ココー 古川 寛華(大和中・佐賀)●
◯大嶋 友莉亜(志段味中・愛知) メメー 東ノ 嘉怜(熊取中・大阪)●
◯杉本 咲妃(潮田中・神奈川) メー 稲葉 琉華(結城中・茨城)●

【男子個人】

◆男子個人戦決勝
○東野 一成(高知中・高知) メ-  鈴木 龍生(阿見中・茨城)●
互いに牽制し合う展開。試合時間終了間際、東野がメンに跳び込んで一本を奪った。

◆男子個人戦準決勝

○鈴木 龍生(阿見中・茨城) コ- 吉村 健成(高千穂中・宮崎)●
時間内でコテを決めた鈴木。そのまま時間となり、一本勝ち。
○東野 一成(高知中・高知) メ延ー 相馬 武蔵(九州学院中・熊本)●
長い延長戦。膠着状態を破ったのは東野。開始線からメンに跳び込み勝負を決めた。

◆男子個人戦準々決勝
○鈴木 龍生(阿見中・茨城) メ- 政岡 航大(帖佐中・鹿児島)●
○吉村 健成(高千穂中・宮崎) コ延- 小川 夢希也(戸塚中・神奈川)●
○相馬 武蔵(九州学院中・熊本)メ延- 岡本 昂大(八軒中・宮城)●
○東野 一成(高知中・高知) 反延- 小阪 優弥(津山中・岡山)●

◆男子個人戦4回戦
◯鈴木 龍生(阿見中・茨城)メー 猪俣 毅(加古川中・兵庫)●
◯政岡 航大(帖佐中・鹿児島)メメー 池田 虎ノ助(老司中・福岡)●
◯小川 夢希也(戸塚中・神奈川)コ延ー 加藤 大征(平田中・島根)●
◯吉村 健成(高千穂中・宮崎)メメー 藤田 富乃助(土佐塾中・高知)●
◯相馬 武蔵(九州学院中・熊本)コ延ー 田城 徳光(玄洋中・福岡)●
◯岡本 昂大(八軒中・宮城)ドー 仲村 祐哉(上山中・沖縄)●
◯小阪 優弥(津山中・岡山)メ延ー 宮崎 睦士(大垣東中・岐阜)●
◯東野 一成(高知中・高知)メ延ー 藤間 翔栄(東海大浦安中・千葉)●

 

※本大会の詳しい結果は、剣道日本11月号(9月25日発売)に掲載します!

 

 

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 7月25日、日本武道館で全国道場少年剣道大会が開催された。1日目は小学生の部(団体戦)が行なわれ、愛…
  2. 5月27日(土)~28日(日) 美里高校体育館 ◇男子団体(12校参加) 優勝 興南(2年…
  3. 6月2日(金)~3日(土) 鹿児島県総合体育センター体育館 ◇男子団体(44校参加) 優勝…
  4. 5月27日(土)~29日(月) KIRISHIMAツワブキ武道館 ◇男子団体(23校参加) …
  5. 6月3日(土)~5日(月) 別府総合体育館サブアリーナ ◇男子団体(28校参加) 優勝 明…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る