【BK写真】第64回全日本都道府県対抗剣道優勝大会

BK写真のコーナーでは、誌面の制約や試合の流れ上の理由で『剣道日本』本誌で使用しなかったけれども、決定的な瞬間をとらえた写真を紹介します。

決勝◯次大亀メ決勝【五将】水森(埼玉)×大亀(愛媛)
大亀選手が決めたメンです。しかしこのあと水森選手がメンとコテを決め逆転します。これで埼玉が追いつき、以後大将戦まで引き分けて代表戦になります。

準決埼玉大阪◯中村上メ準決勝【中堅】木野内(埼玉)×村上(愛媛)
村上選手がメンを二本決めました。その二本目のメンです。これで大阪がいったんは追いつきましたが……

準決埼玉大阪◯大石田ドウ準決勝【大将】金田(埼玉)×石田(大阪)
立ち上がり早々に石田選手が決めたドウ。石田選手は二本勝ちで代表戦という条件でした。時間は充分にありましたが逆に金田選手が一本を奪い引き分けになります。

04_準決愛媛三重◯次・横田メ2準決勝【次鋒】村上(愛媛)×横田(三重)
横田選手が決めたメン。メンを二本決めた横田選手の活躍で三重が2─0とリードを奪いました。

05_準決愛媛三重◯大新谷メ準決勝【大将】新谷(愛媛)×阿形(三重)
二本勝ちで代表戦だった新谷選手の一本目のメン。もう一本メンを決めた新谷選手が代表戦でもメンを決めて逆転しました

06_準々三重和歌山◯中・藤岡ド準々決勝【中堅】伊藤(三重)×藤岡(和歌山)
伊藤選手がメンを先取しましたが、藤岡選手がこの逆ドウとメンを決め逆転しました。剣道日本の平成28年7月号で、藤岡選手が自身の逆胴について語っています

07_準々大阪愛知◯三・野田メ準々決勝【三将】大城戸(大阪)×野田(愛知)
野田選手はドウを奪ったあと、このメンを決めて二本勝ちを果たしました。愛知の追い上げムードでしたが、次の副将戦で勝敗が決しました

08_3回愛知千葉◯副森本コ3回戦【副将】森本(愛知)×南(千葉)
逆転されて迎えた副将戦での森本選手のコテ。このあとメンを決めて二本勝ちを果たし、大将倉成選手も二本勝ちして鮮やかに再逆転します

09_3回大阪岩手◯副・小田口メ3回戦【副将】田中(大阪)×小田口(岩手)
小田口選手が決めたメン。このまま一本勝ちし、副将戦を終えて3勝3敗と岩手が健闘しました

10_2回東京長崎◯代植原メン2回戦【代表】植原(東京)×平山(長崎)
代表戦で植原選手が決めたメン。攻める平山選手に対し、じっと機会を待っていた植原選手が捨て身で跳んだ見事なメンでした。

(2016年4月29日 エディオンアリーナ大阪 撮影=窪田正仁)

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 5月27日(土)~28日(日) 美里高校体育館 ◇男子団体(12校参加) 優勝 興南(2年…
  2. 6月2日(金)~3日(土) 鹿児島県総合体育センター体育館 ◇男子団体(44校参加) 優勝…
  3. 5月27日(土)~29日(月) KIRISHIMAツワブキ武道館 ◇男子団体(23校参加) …
  4. 6月3日(土)~5日(月) 別府総合体育館サブアリーナ ◇男子団体(28校参加) 優勝 明…
  5. 6月2日(金)~3日(土) 諸富文化体育館 ◇男子団体(30校参加) 優勝 龍谷(4年ぶり…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る