第65回全日本剣道選手権大会1・2回戦速報

1回戦 大城戸(大阪)メー 塩谷(静岡)
昨年の全国警察選手権者が久々に全日本選手権に出場。慎重な様子がうかがえたが最後は延長の末、ツキからメンに伸びて塩谷を下した。

1回戦 村方(福岡) ーメ 林田(福井)

1回戦 千田(宮城) ーコ 山本(千葉)
序盤こそ学生剣士の千田が技を出すも、次第に手数が減る。延長にもつれた試合は山本がコテを決めた。

1回戦 高橋(千葉) ーメ 山名(静岡)

1回戦 木下(香川) ーコ 志村(長野)
中盤に志村がコテを決める。木下は場外にあえて出るなどして一本を奪おうとするも及ばず志村が一本勝ち。

1回戦 安藤(北海道) ーメ 遠矢(山口)
長期戦。出ゴテや片手ヅキなどを見せて攻める遠矢が最後はみごとな跳び込みメンを奪った。今年の全国警察選手権で優勝し、本大会でも期待された安藤だっただけに、勝負が決したときには場内から大きなどよめきが起こった。

1回戦 海老原(茨城) ーメ 西村(熊本)
序盤から積極的にひき技を狙っていた西村がひきメンを決めた。海老原はそのひきメンの起こりにコテを狙ったが及ばず。

1回戦 越川(東京) ーメ 坂口(京都)
延長で坂口が豪快にメンに跳び込み、一本を奪った。

1回戦 山田(奈良) ーコ 山本(広島)

1回戦 後木(北海道)ドー 正代(東京)
後木がドウに跳び込み一本を奪う。二本目開始から数秒で時間切れとなり、優勝候補の一角と目された正代は初戦で姿を消した。

1回戦 勝見(神奈川)メー 江口(兵庫)
立ち上がりから気合充分に攻め込む勝見が時間内にメンを決め一本勝ち。連覇のプレッシャーを感じさせない戦いを見せた。

1回戦 松崎(福岡) ーメ 野田(愛知)
延長開始直後に野田が鮮やかなひきメンを決めた。

1回戦 上登(石川)コー 榊(青森)

1回戦 小木(富山) ーメ 足立(埼玉)

1回戦 笹川(佐賀)メメーメ 西村(高知)
西村が後方へさばきながらのメンで先制するも、笹川が跳び込みメンを奪い返し、さらにメンを決めて逆転勝利。

1回戦 松本(神奈川) ーコ 真田(鳥取)
激しい攻防が続いたが、真田が一瞬の隙をついてコテに跳び込み緒戦を突破。

1回戦 嶋田(埼玉)コー 福間(島根)

1回戦 笠原(和歌山)ツー 坂爪(新潟)

1回戦 原田(福島) ーメ 坂田(宮崎)

1回戦 宮本(茨城)メー 山添(長崎)
時間が経過するにつれて手数が減った宮本だったが、延長開始ほどなく間合が詰まったところから宮本がメンを決めた。最短距離を極めたような一打。

1回戦 笠原(三重)メー 山口(山梨)
中盤、相手の入りばなに狙いを定めていたかのようなメンを笠原が決める。そのまま笠原の一本勝ちに終わった。

1回戦 坂田(兵庫) ー國友(福岡)
構えを容易に崩さない國友が、少し竹刀を回し気味にコテを打ち込んだ。前回2位の國友も初戦を突破。

1回戦 野田(岐阜)メメーコ 福田(群馬)
上段に構える野田に対して、福田が左コテに跳び込み先制。しかし、二本目開始直後に野田が左メンに打ち込み同点。さらに野田が福田の出ばなに片手メンを打ち込み、逆転勝利を収めた。

1回戦 嘉数(滋賀) ーコ 畠中(東京)

1回戦 上宇都(鹿児島) ーメ 大石(徳島)

1回戦 前田(大阪)コー 仲間(沖縄)
出場者中最年長の仲間が、大阪府警の若手有望株・前田に対して奮闘。しかし、35分を超える激闘は前田がコテで決着。

1回戦 笹山(秋田) ーメ 佐藤(千葉)
序盤にメンを決めた佐藤がそのまま一本勝ちを収める。

1回戦 市川(栃木)コメー 金澤(山形)
初出場同士の対戦は、ひき気味のコテを奪った市川が跳び込みメンを追加し、みごとな二本勝ち。

1回戦 大石(大阪)メー 三浦(愛媛)

1回戦 内村(東京)コー 岡田(岡山)
序盤に内村が得意のコテを決め、場内は盛り上がる。その後は岡田の猛追も及ばず、内村が一本勝ちを収める。

1回戦 菅野(岩手) ーメ 中村(愛知)

1回戦 竹下(大分)メメー 橋本(埼玉)
ひきメンを序盤で奪った竹下が、終了間際に豪快な跳び込みメンを追加し、二本勝ち。3選手が出場した実業団剣士は全員緒戦で敗退を喫した。

2回戦 大城戸(大阪) ーメ 山本(千葉)
延長にもつれた試合は、大城戸がコテを放ったところに、山本が後方へさばきながらのメンで決着。

2回戦 志村(長野) ーコ 西村(熊本)
下にもぐり込むような出ゴテを西村が決め、西村が3回戦に進出。

2回戦 山本(広島)ツメー 後木(北海道)
相手の意表をつくツキを決めた山本が、さらにひきメンも奪って二本勝ち。

2回戦 野田(愛知) ーコ 足立(埼玉)

2回戦 林田(福井)メー 山名(静岡)
終盤に林田がひきメンを奪って一本勝ち。初出場の林田が3回戦にコマを進める。

2回戦 坂田(宮崎)メコー 國友(福岡)
初太刀で坂田が跳び込みメンを決める。攻撃の手を増した國友に対し、今度はコテを決め2分20秒で決着。前回2位の國友はここで敗退。
2回戦 野田(岐阜) ーメ 畠中(東京)
上段の野田も奮闘を見せたが、最後は畠中が片手メンを返してメンを打ち込んだ。

2回戦 遠矢(山口) ーメ 坂口(京都)

2回戦 大石(徳島) ーココ 佐藤(千葉)
跳び込みゴテで先行した佐藤が、二本目になってもまったく守ることなく攻めたて、コテを追加した。

2回戦 勝見(神奈川) ーコ 上登(石川)
時間内にも惜しい技を見せていた上登が、延長で出ゴテを決めた。連覇を目指した勝見がここで姿を消した。

2回戦 前田(大阪)メメー 市川(栃木)
序盤にひきメンを奪った前田が、相手のいついたところへの跳び込みメンも決めて二本勝ち。

2回戦 大石(大阪)ード 内村(東京)
大阪府警対警視庁の対決は、延長開始早々、内村が逆ドウを決めた。

2回戦 中村(愛知)メー 竹下(大分)

2回戦 笹川(佐賀)コー 嶋田(埼玉)

2回戦 宮本(茨城)ドー 笠原(三重)
なかなか有効打を決めきれない試合展開となったが、それまで温存していたかのようなドウを宮本が決めた。大学生剣士は2名が3回戦に進出。

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 準々決勝 林田(福井)コメ× 笹川(佐賀) 開始早々に林田がコテを決める。準々決勝から試合時間は1…
  2. 平成29年10月29日、日本武道館において第65回全日本学生剣道優勝大会が開催され、筑波大が優勝を果…
  3. 12月号の第2特集は「寺本将司の剣道をひもとく」。 勝利を求める意識、手の使い方、足の使い方、打突…
  4. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  5. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る