【BK写真】インターハイ(2017・女子)

BK(ボツだけどケッサク)写真のコーナーでは、誌面の制約や試合の流れ上の理由で『剣道日本』本誌で使用しなかったけれども、決定的な瞬間をとらえた写真を紹介します。
平成29年の全国高等学校剣道大会(インターハイ・平成29年8月10日〜12日・仙台市・カメイアリーナ)の女子の試合写真です。

まずは個人戦から。
2回戦 妹尾(福岡・中村学園女子)×佐竹(高知・高知)
妹尾選手が延長でメンを決めた場面。順調に緒戦を突破しました。

4回戦 竹入(長野・佐久長聖)×矢崎(山梨・甲府南)
竹入選手が決めたコテ。一本勝ちを収めた竹入選手がベスト8に進みました。

準々決勝 井手(東京・国士舘)×近谷(兵庫・須磨学園)
近谷選手がドウを先取した場面。この後、井手選手が二本を奪って逆転勝利を収めます。

準々決勝 妹尾(福岡・中村学園女子)×渡邊(愛媛・松山北)
延長で妹尾選手がこのメンを決め、健闘した渡邊選手を下しました。

ここからは団体戦です。
予選リーグ 島原×桐蔭学園【中堅】松田×榎本

榎本選手がこの見事なメンで一本勝ち。桐蔭学園が先制しました。

予選リーグ 島原×桐蔭学園【副将】大園×渡部
大園選手がこのメンを決め、同点とします。この後の大将戦で島原が逆転勝利を決めました。

決勝トーナメント1回戦 東海大菅生×富岡東【副将】磯×大城
東海大菅生が2─0とリードして迎えた副将戦、磯選手が写真のコテを奪いました。さらに磯選手はもう一本同じようなコテを決め、チームの勝利を決めました。

決勝トーナメント1回戦 和歌山東×矢板中央【中堅】太田(ひ)×渡邉
太田選手がこのメンで一本勝ち。これで和歌山東が2勝目となり、副将戦の引き分けでチームの勝利が決まりました。

準々決勝 和歌山東×島原【次鋒】田中(ま)×岩永
岩永選手がこのメンを決め一本勝ちを収めリードを奪いました。しかしこの後、和歌山東が逆転勝利を収めます。

準決勝 守谷×帝京第五【次鋒】徳田×瀬尾
瀬尾選手が先にメンを奪いますが、徳田選手がこのメンで追いつき引き分けとしました。

準決勝 守谷×帝京第五【中堅】小野澤×岩中
岩中選手が延長でドウを決めました。これで帝京第五がリードしますが、守谷が副将、大将で逆転します。

決勝 中村学園女子×守谷【先鋒】椎井×野川
延長で野川選手がこのひきメンを奪い、守谷が先行しました。

決勝 中村学園女子×守谷【次鋒】大津×徳田
大津選手が延長で決めた出ゴテ。これで1勝1敗となりました。

決勝 中村学園女子×守谷【中堅】秋山×小野澤
秋山選手がひきドウを先取しますが、小野澤選手がすぐにこのツキで追いつきます。さらにすぐさま小野澤選手がメンを決め、目の覚めるような逆転勝利で守谷に流れが傾きました。

決勝 中村学園女子×守谷【副将】妹尾×髙野
妹尾選手はあせる様子も見せず、このメンを決めて一本勝ち。さらに二本目を奪う勢いでしたが髙野選手も踏ん張り、まったくの同点で大将戦を迎えることになりました。

 

 

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 準々決勝 林田(福井)コメ× 笹川(佐賀) 開始早々に林田がコテを決める。準々決勝から試合時間は1…
  2. 平成29年10月29日、日本武道館において第65回全日本学生剣道優勝大会が開催され、筑波大が優勝を果…
  3. 12月号の第2特集は「寺本将司の剣道をひもとく」。 勝利を求める意識、手の使い方、足の使い方、打突…
  4. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  5. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る