全国道場少年大会(中学生)、九好会(熊本)が如水館(福岡)を下し優勝

7月26日、日本武道館で全国道場少年剣道大会が2日目、中学生の部(団体戦)が行なわれた。九好会(熊本)が決勝で如水館(福岡)との接戦を制し、優勝を果たした。
前日の小学生の部では準決勝で戦った昭島中央剣友会と東松舘道場(ともに東京)が準々決勝で対戦、代表戦を昭島中央剣友会が制する。しかし、準々決勝で同じ熊本の菊池南剣道クラブに快勝した九好会が、準決勝で昭島中央剣友会を下した。
一方のブロックから決勝に勝ち上がったのは伝統チームの如水館(福岡)。次鋒御手洗、中堅市川の女子2人がメンバーに入っているが、昇龍館一福道場(岡山)との準決勝では市川の一本勝ちを皮切りに3連勝で勝負を決するなど、男子に対し互角以上の戦いを見せてここまで勝ち進んだ。

決勝は先鋒戦、如水館の橋垣がコテの一本勝ちで先行。しかし次鋒戦では九好会の鮫島が御手洗にメンとコテを決め二本勝ちを収める。如水館は中堅市川が引き分けで粘り、副将矢野も坂本にメンで先行されながらコテを返して引き分けとする。九好会の一本リードで迎えた大将戦、九好会の荒木がドウで先行するも、如水館の小畔が見事なコテで追いつく。さらに小畔は惜しい技を何本も見せるが、ついに時間切れ。九好会が接戦を制し3年ぶりに頂点に立った。だが、女子2名を擁する如水館の底知れない強さがより印象に残る決勝であった。

決勝、大将戦、九好会の荒木がドウを先取

如水館の小畔がコテを決める。試合はこのまま終了となり九好会が逃げ切った

優勝・九好会(手塚智樹、鮫島雅貴、平尾尚武、坂本陸、荒木京介)

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 平成29年8月12日、インターハイ最終日の競技が行なわれ、男子団体決勝では高千穂(宮崎)が島原(長崎…
  2. 8月11日、前日1時間を超えて決着がつかず異例の再試合となった男子個人の岩切勇磨(九州学院・熊本)×…
  3. 平成29年8月11日、男子団体戦終了後、女子個人戦の1回戦から4回戦が実施され、ベスト8が出揃った。…
  4. 平成29年8月11日、インターハイ剣道大会(第64回全国高等学校剣道大会)は、朝9時より男子団体戦予…
  5. 8月10日、女子個人戦終了後、男子個人戦の4回戦までが行なわれた。ベスト8が出揃う予定だったが、岩切…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る