全国道場少年大会(小学生)、洗心道場(愛知)が初優勝

7月25日、日本武道館で全国道場少年剣道大会が開催された。1日目は小学生の部(団体戦)が行なわれ、愛知の洗心道場が、3連覇を狙った昭島中央剣友会(東京)を決勝で下し、初優勝を果たした。
昭島中央剣友会は準決勝で東京のライバル東松舘道場と対戦し一歩も譲らぬ勝負を展開、代表戦の末に振り切った。一方の準決勝は洗心道場と、伝統チームの如水館(福岡)の対戦。先鋒戦で一本ずつを取り合い引き分けると、次鋒、中堅、副将と引き分けが続き、同点のまま大将戦へ。ここで加藤が一瞬の隙を見逃さずコテをとらえ、一本勝ちで決勝進出を決めた。
決勝は先鋒戦の立ち上がりに、昭島中央剣友会の池田がメンに跳び込み先制。さらに池田はメンを奪って二本勝ちを収め、昭島中央剣友会が優位に立つ。しかし次鋒戦では洗心道場の佐藤がひきドウを返し一本勝ちを収める。中堅、副将と引き分けが続き、ともに1勝、昭島の一本リードで大将戦を迎えた。ここで洗心道場の加藤がメンに跳び込み先制する。そのまま終われば洗心道場の逆転勝ちという状況になったが、加藤は守りに入ることなくすぐさま塩崎がドウに来るところにメンを決め、一気に勝負をつけた。
各大会で上位進出を果たしている洗心道場だが、夏の日本武道館では嬉しい初優勝だった。

決勝、大将戦、加藤(洗心道場)がメンを先制する

初優勝を果たした洗心道場
木村慎之介、佐藤良磨、森島一稀、石原稜晟、加藤匠。監督=内田信之

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 平成29年8月12日、インターハイ最終日の競技が行なわれ、男子団体決勝では高千穂(宮崎)が島原(長崎…
  2. 8月11日、前日1時間を超えて決着がつかず異例の再試合となった男子個人の岩切勇磨(九州学院・熊本)×…
  3. 平成29年8月11日、男子団体戦終了後、女子個人戦の1回戦から4回戦が実施され、ベスト8が出揃った。…
  4. 平成29年8月11日、インターハイ剣道大会(第64回全国高等学校剣道大会)は、朝9時より男子団体戦予…
  5. 8月10日、女子個人戦終了後、男子個人戦の4回戦までが行なわれた。ベスト8が出揃う予定だったが、岩切…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る