【BK写真】第35回全日本女子学生剣道優勝大会(2016)

BK(ボツだけどケッサク)写真のコーナーでは、誌面の制約や試合の流れ上の理由で『剣道日本』本誌で使用しなかったけれども、決定的な瞬間をとらえた写真を紹介します。
2016年11月13日、春日井市総合体育館で行なわれた全日本女子学生優勝大会の写真です。

1回戦【次鋒】副島(国際武道大)×和田(鹿屋体大)
副島選手がメンを先取したあと、和田選手が返したドウです。追いついた和田選手ですが、副島選手にさらにメンを奪われます。前年度優勝の鹿屋体大が本大会で取得したのはこのドウだけになってしまいました。
%e2%97%8e1%e5%9b%9e-%e5%9b%bd%e6%ad%a6x%e9%b9%bf%e5%b1%8b%e2%97%af%e6%ac%a1%e3%83%bb%e5%92%8c%e7%94%b0%e3%83%88%e3%82%99%e3%82%a6_d4s5097

2回戦【次鋒】亀井(国士舘大)×山本(同志社大)
亀井選手が決めたコテです。同志社大が先鋒戦を取りましたが、これで国士舘大が追いつきます。結局は代表戦になって国士舘大がからくも勝ちました。
%e2%97%8e2%e5%9b%9e-%e5%9b%bd%e5%a3%abx%e5%90%8c%e5%bf%97%e7%a4%be%e2%97%af%e6%ac%a1%e3%83%bb%e4%ba%80%e4%ba%95%e3%82%b3%e3%83%86_3081

2回戦【大将】高間(国際武道大)×遠藤(東北学院大)
高間選手が決めたメン。ここまで2勝2敗(本数は4─2)と東北学院大が食い下がっていましたが、国際武道大に振り切られました。
%e2%97%8e2%e5%9b%9e-%e5%9b%bd%e6%ad%a6x%e6%9d%b1%e5%8c%97%e5%ad%a6%e9%99%a2%e2%97%af%e5%a4%a7%e3%83%bb%e9%ab%98%e9%96%93%e3%83%a1%e3%83%b3_d4s6501

2回戦【副将】越中谷(朝日大)×山谷(関東学院大)
山谷選手が決めたメン。ここまで2─0と朝日大がリードしており、この一本で1─2とした関東学院大は、何とか大将戦までつなぎましたが、及びませんでした。
%e2%97%8e2%e5%9b%9e-%e6%9c%9d%e6%97%a5x%e9%96%a2%e6%9d%b1%e5%ad%a6%e2%97%af%e5%b1%b1%e8%b0%b7%ef%bc%88%e9%96%a2%e6%9d%b1%ef%bc%89%e3%83%a1%e3%83%b3_3124

2回戦【次鋒】吉村(法政大)×髙橋(九州共立大)
吉村選手が決めたメン。昨年に続く本大会出場を果たした九州共立大ですが、ここは法政大が4ー0で大勝します。
%e2%97%8e2%e5%9b%9e-%e6%b3%95%e6%94%bfx%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e5%85%b1%e7%ab%8b%e2%97%af%e6%ac%a1%e3%83%bb%e5%90%89%e6%9d%91%e3%83%a1%e3%83%b3_3187

3回戦【大将】川添(国士舘大)×高間(国際武道大)
川添選手が決めたコテです。追いつかれて2勝2敗で迎えたこの大将戦、川添選手はこのあとメンを決め、大将の役割を見事に果たしました。
%e2%97%8e3%e5%9b%9e-%e5%9b%bd%e5%a3%abx%e5%9b%bd%e6%ad%a6%e2%97%af%e5%a4%a7%e3%83%bb%e5%b7%9d%e6%b7%bb%e3%82%b3%e3%83%86_d4s7424

3回戦【次鋒】佐々木(筑波大)×井本(大阪体育大)
一本一本から佐々木が決めたコテ。これで筑波大がリードし、そのまま大将戦となりますが、大阪体育大の北山が一本を奪って代表戦に持ち込みます。
%e2%97%8e3%e5%9b%9e-%e7%ad%91%e6%b3%a2x%e5%a4%a7%e4%bd%93%e2%97%af%e6%ac%a1%e3%83%bb%e4%bd%90%e3%80%85%e6%9c%a8%e3%82%b3%e3%83%863_d4s6752

準々決勝【先鋒】岡﨑(法政大)×大村(朝日大)
上段の岡﨑選手が、ドウを決めたあとさらにこのコテを決めて二本勝ち。法政大が優位に立ちました。
%e2%97%8e%e6%ba%96%e3%80%85-%e6%b3%95%e6%94%bfx%e6%9c%9d%e6%97%a5%e2%97%af%e5%85%88%e3%83%bb%e5%b2%a1%ef%a8%91%e3%82%b3%e3%83%86_3370

準々決勝【先鋒】玉田(日本体育大)×赤塚(福島大)
試合開始早々玉田選手がメンを決め、その後赤塚選手がメンを返しますが、玉田選手がこの上段からのメンで勝利。結局日本体育大は5人とも勝利をあげました。
%e2%97%8e%e6%ba%96%e3%80%85-%e6%97%a5%e4%bd%93x%e7%a6%8f%e5%b3%b6%e2%97%af%e5%85%88%e3%83%bb%e7%8e%89%e7%94%b0%e3%83%a1%e3%83%b32_3324

準決勝【次鋒】亀井(国士舘大)×作山(明治大)
亀井選手が決めたツキです。3回戦でも亀井選手は見事なツキを決めていました。この後亀井選手がメンを決め、国士舘大が一本リードを奪って大将戦になります。
%e2%97%8e%e6%ba%96%e6%b1%ba-%e6%98%8e%e6%b2%bbx%e5%9b%bd%e5%a3%ab%e2%97%af%e6%ac%a1%e3%83%bb%e4%ba%80%e4%ba%95%e3%83%84%e3%82%ad_d4s8909

準決勝【大将】大亀(明治大)×川添(国士舘大)
大亀選手がメンを先取しますが、川添選手がこのコテで追いつきました。一本決まるたびに明暗が入れ替わりますが、大亀選手がこのあとさらにメンを奪います(大亀選手のメンの写真は剣道日本1月号に掲載)。見ごたえのある一戦でした。
%e2%97%8e%e6%ba%96%e6%b1%ba-%e6%b3%95%e6%94%bfx%e5%9b%bd%e5%a3%ab%e2%97%af%e5%a4%a7%e3%83%bb%e5%b7%9d%e6%b7%bb%e3%82%b3%e3%83%86_d4s9161

関連記事

剣道日本&新刊 PICKUP記事

  1.  現代剣道では左拳が常に身体の正中線上にあることが正しいと一般に教えられます。左拳が中心を外れた打突…
  2.  平成28年5月に発刊された『剣道 勝負への道』。指導者として経験豊富な鹿児島の會田彰範士が、試合は…
過去の記事

おすすめ記事

  1. 平成29年10月3日、えひめ国体剣道競技会は成年男子の部の2回戦(1部)以上が行なわれた。前日、初戦…
  2. 平成29年10月2日、えひめ国体(第72回国民体育大会)剣道競技会は大会2日目を迎え、午前中に少年男…
  3. 9月24日、長野市ホワイトリングで全日本女子剣道選手権大会が開催され、高橋(神奈川)が決勝で興梠(宮…
  4. 平成29年10月10日、第63回全日本東西対抗剣道大会が福岡市民体育館で開催された。5人制の女子の部…
  5. 平成29年9月5日、全国警察剣道選手権大会が開催された。結果は以下の通り。 男子 優勝・安藤…
大会結果応募フォーム
大会告知応募フォーム

剣道 新刊

ページ上部へ戻る